朝鮮侵略を狙った「雲揚」号事件

日本の「毎日新聞」に朝鮮とアジア諸国で働いた日帝の犯罪を告発する書類を積みあげれば、およそ2万メートルもあると指摘する記事が載ったことがあります。これを通しても分かりますが、日帝が過去、朝鮮人民をはじめ、アジア諸国人民に強いた不幸と苦痛は計り知れないものです。

1868年の「明治維新」後、日本軍国主義者は日本の繁栄のために朝鮮を武力で征服すべきだという「征韓論」を唱え、朝鮮侵略の準備に拍車をかけました。日本の侵略行為は1870年代の中頃にいたり、露骨な武装挑発の段階へ移りました。

特に1875年5月、「発砲演習」の名目で、「雲揚」号をプサンに不法侵入させ、その年の9月、「航路測量」の口実の下、「雲揚」号をまたもや朝鮮沿海に侵入させました。

9月20日、「雲揚」号に乗ってカンファ島*1沖に侵入した日本侵略者は朝鮮西海の主な関門、軍事要衝であるチョジジン*2という砲台を占領しようとしました。チョジジンを守っていた守備兵たちは猛砲撃を加えて侵略者をチョジジンから退けました。

チョジジンから追い出された日本侵略者は卑劣にも防備の弱いチョンサン島*3とヨンジョン島*4を砲撃して島に上陸し、殺戮と略奪、破壊、放火をほしいままにしました。これが「雲揚」号事件の真相です。

「雲揚」号事件が起きると、日本侵略者は時とばかりに「朝鮮側が日本に対し、敵対行為を働いた」と強情を張り、公然と武力干渉を行いました。侵略者は大砲と軍艦で朝鮮封建政府を脅かし、1876年2月27日、一方的な要求条件を強要して、12条項からなる「カンファ島条約」を締結しました。

社会科学院歴史研究所の研究室主任、博士、助教授ウィ・グァンナムさんのお話です。

「その後、日本は1905年の『乙巳5条約』、これは日本で言ういわゆる第2次日韓協約のことです、そして1907年の「丁未7条約」、これは日本で言ういわゆる第3次日韓協約のことです、また1910年の『韓日併合条約』など強盗さながらの厚顔無恥な条約を相次いで捏造して、朝鮮を完全な植民地にしま した。このように日本は、朝鮮人民に莫大な被害を与えた加害者です。加害者がそれについての謝罪と賠償をするのは法的、道徳的義務で、国際法上の要求でもあります」

にもかかわらず日本の反動勢力は今なお血生臭い罪な歴史の謝罪と賠償を回避しており、侵略に狂奔した過去を繰り返そうと必死になっています。もし日本が時間の流れを盾にして過去の罪を覆い隠し、再侵略の野望を果たすため無謀に振舞うなら、与えられるのは情け容赦ない報復だけです。

ちなみに、この「雲揚」号事件とは日本で言う「江華島事件」のことです。

IKE170805015_001.jpg
IKE170805015_002.jpg
2017年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 江華島(こうかとう)、カンファド(강화도)
*2 草芝鎮(초지진)
*3 項山島(항상도)
*4 永宗島(영종도)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-24 (日) 21:38:19