アメリカと日本の侵略協調の歴史にピリオドを打つべき

最近、アメリカと日本の反動勢力が同盟強化について、いつにも増して大げさに宣伝しています。夜となく昼となく、北に対する最大限の圧力を強化する方針を重ねて確定する謀議をし、共和国に対する先制打撃を狙った合同軍事訓練を頻繁に行っています。

この事で南朝鮮の各階層の間では、「アメリカと日本が朝鮮半島を又もや自分達の利益と勢力圏争いの生贄にしようとしている」、「アメリカは日本と『桂タフト協定』を締結した時から、我々の同盟ではなかった」と主張する声が強く響いています。日増しに表面化するアメリカと日本の反動勢力の軍事的結託が、南朝鮮人民に20世紀始め「桂タフト協定」が締結された時の血の教訓を思い起こさせるのはあまりにも当然です。

振り返ってみますと、朝鮮半島に対する侵略と支配を狙ったアメリカと日本の共謀結託の関係は長い歴史を持っています。今から112年前の1905年7月29日、アメリカ陸軍長官タフトと日本首相桂との極秘の会談で秘密覚書の交換の形で「桂タフト協定」が締結されましたが、これが正に朝鮮に対する侵略協調の始まりだと言えるでしょう。民族分断の悲劇と戦争の惨禍等朝鮮民族が嘗めたあらゆる不幸と苦痛も、結局朝鮮半島に対する支配権と侵略的利益の為のアメリカと日本の犯罪的な凶暴結託と切り離して考えられません。

アメリカは世界制覇の為日本の再侵略策動と軍国化を後押しし、日本はアメリカに追従して大東亜共栄圏の昔の夢を叶えてみようとしました。何年か前新しく見直された日米防衛協力の為の指針の事を内外では、それが一朝事ある時は日本自衛隊が米軍の軍需支援の名目で思うがままに南朝鮮に出入り出来る侵略文書、第二の「桂タフト協定」だと非難しました。

アメリカと日本の朝鮮に対する支配の野望は昔も今も変わっていません。変わった事といいますと、20世紀始めには朝鮮という領土を植民地にする為の共謀結託であったなら、今は必勝腐敗の強国となった共和国を押し潰す為の醜い結託が成されているという事です。歴史と現実が示しているようにアメリカと日本の反動勢力が追求するのは只一つ、朝鮮半島と朝鮮民族を自分の利益と勢力圏争いの生贄にしようとする事だけです。かつて朝鮮民族に耐え難い植民地奴隷の運命を強いた張本人達が、今は朝鮮半島で又もや核戦争を引き起こす為共謀結託しています。

ところがここで問題は、こうした凶悪な狼、狡賢い狐のような者達を血盟・友邦と言って煽て上げ、侵略者の道案内・弾除けとなっている南朝鮮当局の振る舞いです。最近傀儡当局は、民族の安全を裏打ちする共和国の自衛の核抑止力強化の措置に難癖をつけ、足繁くアメリカと日本を訪ねては所謂共同の対応法案を議論しました。この共謀結託の申し子が正に、今回国連安保理で採択された対朝鮮制裁決議です。

共和国侵略の野望に取り付かれたアメリカと日本の反動勢力、そして民族の主なる敵が誰かもはっきり知らない南朝鮮当局は、相手が誰で時の流れがどう変わったのか直視して軽はずみに振舞ってはなりません。もしアメリカと日本の反動勢力が犯罪的な習癖を捨てる事無く相変わらず結託して朝鮮民族の運命を弄ぼうとするなら、朝鮮の軍隊と人民は世紀を継いで固めてきた軍事的威力で侵略と略奪で綴られたアメリカと日本の反動勢力の罪な歴史にピリオドを打つでしょう。

(時事評論)

2017.08.12 サイトの音声聞き書き*1
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 短波放送が不明瞭だったため

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-14 (月) 01:30:03