江華島条約

カンファ島条約は、日本帝国主義が「雲揚号事件」を口実に、朝鮮の封建王朝に強要した不法極まりない条約です。日帝は、1870年代に入り、朝鮮に対する軍事挑発を露骨にし、侵略の口実を設けることに狂奔しました。

社会科学院歴史研究所室長の博士、助教授のウィ・グァンナムさんのお話です。

「カンファ島条約は、日本侵略者が1876年2月27日、朝鮮封建政府に強要して締結した従属的な不平等条約でした。日本侵略者は雲揚号事件を口実に、1876年1月15日、7隻の軍艦に800人の侵略軍を乗せて朝鮮に侵入し、あらゆる軍事的圧力と恐喝の挙句、カンファ島*1で『朝日修好条規』、一名『カンファ島条約』を強行締結しました。この条約の締結を機に、朝鮮は急速に半植民地化の渦中に巻き込まれました」

日帝は1875年、「艦隊演習」を口実に、侵略船「雲揚」号を始め3隻の軍艦で朝鮮水域でスパイ活動と武力示威を行ないました。朝鮮の武力配備と海岸警備、水路の状態を内偵し、その年の8月、カンファ島沖にまで侵入しました。そして、20人の侵略軍をボートに乗せ、ソウルの関門であるチョジジン*2に襲い掛かりました。

チョジジンの守備兵が強い反撃を与えると、時とばかりに砲撃を加えて来ました。朝鮮の守備兵が猛烈に対応すると敵軍は平和な住民地区とヨンジョン島*3に砲撃を加え、殺人と略奪、放火をほしいままにして逃げました。厚顔無恥な日帝は、事件の責任を朝鮮側に擦り付け、朝鮮封建政府に条約の締結を強迫しました。日帝は軍事的圧力と恐喝で1876年2月27日、カンファ府練武堂で12ヶ条からなる「朝日修好条規」という不平等条約を強行締結し、朝鮮に対する政治、経済、軍事的侵略の道を開きました。

このように、カンファ島条約は、朝鮮人民の自主権を完全に踏みにじり、朝鮮に対する植民地従属化の道を開いた不平等条約でした。

2016年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 江華島(カンファド、강화도)
*2 草芝鎮(초지진)
*3 永宗島(영종도)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-13 (月) 17:06:35