朝鮮の正統武道 テコンドー

テコンドーは武器や器材に頼らず、強い精神修養、肉体訓練を通じて素手や足をはじめ身体各部位を活用し、攻撃と防御を行なう武術です。テコンドーは歴史を通して英知と勇猛を馳せてきた朝鮮民族の強い気概と魂が宿る伝統的な運動で、民族の誇り、貴重な文化財です。

社会科学院のフォークロア研究所の研究室主任イム・スンビンさんのお話です。

「朝鮮民族の正統武道であるテコンドーは武道の一種であるピョンヤンテッキョンにその正統性と歴史的ルーツがある民族固有のものです。4世紀後半頃のコグリョ、高句麗のコグクウォン王陵*1と5世紀初めの踊りの壁画古墳には全身をもって攻撃と防御を行なう気迫に満ち、才知に富んだコグリョのスバクという武道の技が生き生きと描かれていますが、これはピョンヤンテッキョンを意味するものでした」

コグリョは紀元前277年から紀元668年まで存続した朝鮮初の封建国家です。当時、コグリョではスバクを初め伝統の武術が広く普及され、一つの社会的風潮となっていました。

スバクは素手で相手を打撃し、相手の攻撃を防ぐ遊戯に由来した伝統武術でテッキョンの範疇に属しました。テッキョンの全ての動作には敵に情け容赦ない勇猛な気概がそのまま盛り込まれています。

特に、ピョンヤンナルパラムというのはピョンヤン地方の愛国的な若者たちが先祖伝来の武術に基づいて発展させたテッキョンで、その跳躍力とすばしこい動作には人々の想像を絶するものがありました。

このように朝鮮人民は遠い昔からスバク、テッキョン、ナルパラムなどの武術で身体を鍛え、敵から自分を保護したばかりか、敵を攻撃できるよう常に準備しました。

今、朝鮮民族の正統武道であるテコンドーは、基本動作、型、組み手、護身術、鍛錬など独特な構成を持つ優れた民族武術にさらに発展しています。

ピョンヤンのテコンドー殿堂とテコンドー聖地を始め総合的なスポーツ施設でテコンドーの技術を身に付けた優秀な選手たちが多く育ち、世界舞台で民族の気概を轟かせています。

2016年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 故国原王陵(고국원왕릉)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-07 (金) 13:29:53