民族の歴史はテコンドーの型にも(2)

テコンドーは機材無しに手と足等身体の各部位を活用して攻撃と防御を行う武術です。テコンドーは朝鮮の伝統武術の発生と発展の中心地としての地位を占めている平壌で創造されました。テコンドーには如何なる困難にも屈する事無く、また不義を許さない朝鮮民族の気概がそのまま秘められています。

ではテコンドーの型を通じて朝鮮民族の歴史を振り返ってみましょう。

img_vok210319c_01.jpg

型「タングン」

テコンドーの型の順で「チョンジ」の次は「タングン」です。タングン*1、檀君は古朝鮮の建国者、朝鮮民族の元祖です。檀君によって朝鮮民族は早くから国家時代・文明時代に入りました。型「タングン」では檀君の業績を称えています。

img_vok210319c_02.jpg
img_vok210319c_03.jpg
img_vok210319c_04.jpg
img_vok210319c_05.jpg
 

社会科学院 フォークロア研究所の研究室主任 イム・スンビン

img_vok210319c_06.jpg

「ピョンヤンは世界の5大文化の一つであるテドン川文化の発祥地です。こうした歴史的なところで朝鮮民族の元祖であるタングンが生まれました。このような歴史的事実はピョンヤン市*2カンドン郡*3にあるタングン王陵から出土したタングンの遺骨と、周辺一帯で同時に発掘された旧石器時代の遺物、新石器時代の遺物、青銅器時代の遺物を通じてもよく分かります」

 

檀君王陵のある平壌の江東地域は檀君が生まれた所です。江東地域には檀君にまつわる伝説や地名が多くあります。妙香山*4をはじめ朝鮮の景勝地にも檀君の智略と武術・才能等を伝える伝説が数多く秘められています。

img_vok210319c_07.jpg
img_vok210319c_08.jpg
img_vok210319c_09.jpg
 

社会科学院 フォークロア研究所の研究室主任 イム・スンビン

img_vok210319c_10.jpg

「タングンは幼年時代と青年時代に弓術と槍投げ、剣術などを磨くのに熱中し、自然と社会の道理に目覚めるため励む一方、社会を改造し、変革する大志を抱いていました。父の後をついでパクタル種族を導く首長になってからは原始的な政治機構を次第に改造し、発展させるなど、建国に全身全霊を打ち込みました。その甲斐あってB.C.30世紀初めはピョンヤンを都にした朝鮮の歴史上初の古代奴隷制国家である古朝鮮が建てられました」

 

鋭敏な頭脳と大きな体格を持つ檀君は古代の優れた武士でした。国の軍事及び武術の分野を専門的に受け持つ機構システムを立て、その傘下に優秀な武士を加えて伝統武術を体系付け発展させました。これと共に強力な軍事力に基づいて周辺の種族を統合し国土保全を実現しました。優れた伝統武術を普及して地域間の武術の差を無くし民族固有の武術を奨励しました。

 

朝鮮テコンドー委員会の国際師範、9段師聖 チョン・デヨン

img_vok210319c_11.jpg

「私たちテコンドー人はよくこんな話しをします。型『タングン』には朝鮮民族の元祖であるタングンの魂、気概がそのまま込められています」

 

21の基本の動作から成る型「タングン」には朝鮮民族の歴史が古いという事、テコンドーのルーツが反映されています。

img_vok210319c_12.jpg

(今日の朝鮮)

2021.03.19 サイト動画の聞き書き、字幕抜き書き
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 ダンクン、檀君(단군)
*2 平壌市(평양시)
*3 江東郡(강동군)
*4 ミョヒャン山(묘향산)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-20 (土) 21:38:49