凧揚げ

凧揚げは古くから朝鮮に伝えられる子供の伝統の遊びの1つです。風の強い季節の特徴を生かして、凧を空高く揚げる遊びです。

社会科学院のフォークロア研究所の研究室主任、博士、助教授イム・スンビンさんのお話です。

「凧揚げは古い歴史を持つ朝鮮の伝統の遊びの1つです。凧揚げが最も盛況なのは正月からチョンウォルテボルム*1、これは小正月のことですが、正月からこの小正月まででした。子供たちの凧揚げ季節とも言えるほど、とてもにぎやかでした」

凧と言いますと、これは空高く飛ぶ鳶、紙鳶に由来します。凧の種類も様々で、遊び方と技も多種多様です。一番広く取り入れられたのは長方形とエイ型です。

凧揚げは凧と糸、糸を巻くかせなどの道具を必要としました。かせも四角いもの、丸いもの、6角と8角のものなど色々とありました。凧揚げは高く揚げたり、技を披露したり、喧嘩したりと、数々の方法が駆使されました。

凧揚げの手法も様々でしたが、高く揚げたり、技を競うのは子供たちが一番好きなものでした。何人かが1ヶ所に集まって凧揚げする過程に糸が互いにもつれる場合が多くあり、これはおのずと誰の凧が強いかを競う喧嘩凧になりました。

子供たちは喧嘩凧に勝つため焼き物やガラスの粉末を糊に練って糸に塗りつけることにより、相手の糸がたやすく切れるよう計らいました。今も凧揚げは子供たちの遊びで、時代感覚と情緒にあわせて行われています。

凧を作ったり、揚げたりする過程に、子供たちの小手先が効くようになり、冬の寒さの中で心身ともに鍛えることもできるので、この凧揚げは伝統の遊びとして奨励されています。

(今日の朝鮮)

IKE190212027_004.jpg
IKE190212027_006.jpg
2019年の記事
 

凧揚げは風が吹く季節的特性を利用して凧を空高く上げる遊びです。

社会科学院フォークロア研究所の研究室主任、博士、助教授のイム・スンビンさんのお話です。

「凧上げは朝鮮で長い歴史を持つ伝統の遊びの一つです。凧上げが盛況だったのは毎年、旧正月から小正月の間でした。この時は子供の凧揚げの季節とも言えるほどとても賑やかでした」

凧というのは空高く飛ぶトンビに喩えて生まれた言葉です。凧の種類は色とりどりで遊び方やその技もまちまちです。凧上げは凧と糸、糸車などの道具でやりました。凧揚げは誰の凧が高く飛ぶかを競ったり、隠し技を見せたり、凧対凧の一騎打ちをするなど、いろいろな方法でやりました。

高さを競ったり、ある程度の高さでくるくる回したり、8の字を描いたりするのは、子供たちが一番好む隠し技でした。子供に人気がある伝統の遊びの凧揚げは、時代感覚と情緒に合わせて行われています。

子供たちが自分なりにあれこれと工夫して凧を作る過程に手先が器用になり、冬の寒さの中で心身ともに鍛えさせるこの凧揚げは今も広く奨励されています。

(観光)

fig1
 
fig2
(2019年 撮影)
2021.03.13の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 小正月(정월대보름)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-14 (日) 19:22:53