国中を森のように、公園のようにつくろうと

共和国の全ての山々を青い森に覆われた黄金の山、宝の山につくって次の世代に譲り渡すのは敬愛する最高指導者金正恩委員長のゆるぎない意志です。

金正恩委員長はチュチェ103(2014)年11月、今の国土環境保護省管轄の中央育苗場を現地指導し、国中を森のように、公園のようにつくることについて教えました。

国土環境保護省山林総局のキム・ソンジュン副総局長はこう語ります。

「金正恩委員長は中央育苗場を訪れて、国の森林の資源がだいぶ減ったことにふれ、労働党と人民軍、人民を総動員して森林復旧のための戦闘を行うことを呼びかけました。森林の造成と保護を国の万年の大計の最大の愛国偉業とみなす金正恩委員長なのです」

金正恩委員長は中央育苗場の現地指導以後も森林復旧のための様々な措置を講じ、不朽の著作「全党、全軍、全人民が山林復旧戦闘を力強く繰り広げ、祖国の山々に青々とした樹林を生い茂らせよう」を発表して、国中を森のように、公園のようにつくるうえでの綱領となる指針を示しました。そして、絶え間ない現地指導の途上で直々木を植え、国中の人民を植林事業に力強く呼び起こしました。

チュチェ104(2015)年3月の植樹デーのことです。この日、金正恩委員長は人民軍のある飛行部隊のパイロットたちと共に木を植えました。金正恩委員長は指揮官とパイロットたちに党は全党、全軍、全人民が森林復旧のための戦闘に立ち上がることを呼びかけたとし、国の山々に青い森を生い茂らせることで人民軍が当然、先頭に立つべきだと言いました。そして、軍部隊のパイロットをはじめ軍人たちが国の富、次世代の幸福の肥やしを造るということを自覚して、森林復旧のための戦闘をより力強く展開すべきだと言いました。

金正恩委員長はチュチェ106(2017)年3月の植樹デーにも、マンギョンデ革命学院を訪れ、生徒たちと一緒に木を植え、祖国愛の崇高な模範を示しました。この日、金正恩委員長はマンギョンデ革命学院の生徒たちが植樹の先頭に立つべきだとし、愛国主義は抽象的な概念でなく、国の木1本も大事にし、それを育てるのに汗と真心を捧げる崇高な精神だと言いました。そして、植樹で重要なのは木を何本植えたかにあるのでなく、何本を生かしたかにあると言い、学院の生徒と共に長時間、木を植えました。

金正恩委員長の正しい指導のもとに今、朝鮮では全ての勤労者が木を植え、育てるのに積極的に参加しています。

(今日の朝鮮)

ike190813006_988.jpg
2019年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-28 (土) 17:07:22