苗木の生産に励んでいる

国中の山々を黄金の山、宝の山に作る上で自分たちが受け持っている任務の重要性を自覚している森林部門の人たちが苗木の生産を増やしています。

特に、中央育苗場で良種の苗木を育てるため励んでいます。ここの人たちは、苗木の生産の科学化、工業化、集約化を高い水準で実現し、苗木の肥培管理を科学的に行っています。

育苗場では、育ちが早く、経済的価値のあるストロブス松とチャンソン・カラマツなど数十種の良種の苗木を段階別に育てています。また、森林造成に欠かせない野生の果実の苗木を生産する計画を立て、ゴヨウマツ、栗、サンザシなどの苗木の生産をその特性に合わせて行っています。

ここの研究者は、生育条件を最適化する方法を研究して、従来より省力を図りながらハウスで苗木の生産を年に2回できる展望を開きました。そして、活着率を高めるなど季節に拘りなく木を植える条件を揃え、国内に豊かな原料で効能の高い栄養強化剤を開発して苗木の生産に取り入れています。

主任技師のキム・チャンギュさんのお話です。

「国内に豊かな籾殻で基質を生産して、低コストを図りながら発酵期日を早め、基質の栄養成分の含量をはるかに高めました。その他、アミノ酸微量要素の複合肥料を始め色々な栄養剤を自力で開発し、利用しています。それで、前より肥料と労力を節約し、苗木の活着率を2割以上高めました」

昨年の秋と今年の春に生産された2000万本の良種の苗木は全国各地の園芸緑化に用いられました。

国の山河を美しく築く愛国の一念で、苗木の生産に情熱を捧げる中央育苗場の人たちの献身的な努力によって、国の山々は日増しに緑に覆われています。

(今日の朝鮮)

ike200506020_001.jpg
ike200506020_002.jpg
ike200506020_003.jpg
ike200506020_004.jpg
ike200506020_005.jpg
2020年の記事
 
 

朝鮮労働党第8回大会を森林づくりの大きな成果で迎える一念に燃え、リョンソン区域*1森林経営所の従業員が苗木の生産に励んでいます。ここの従業員は、苗木生産の物質的、技術的土台を固めて活着率を高めています。

作業班長のカン・グムチョルさんのお話です。

「山葡萄、サルナシ、クヌギ、栗など野生の果樹を多く植えて区域内の森林改造地に送っています」

雨季は苗木の光合成が不充分なので硫酸銅液を希釈して消毒をきちんと行い、根が腐ったり、病気にかからないようにしています。殆どの苗木をハウスで育てるだけに、ハウス動力装置などの部品を自らの力と技術で作って利用しています。

苗木の生産に励んでいるここの従業員の熱意により、区域内の森林づくりでは大きな成果が収められています。

(今日の朝鮮)

ike201005014_001.jpg
ike201005014_002.jpg
ike201005014_003.jpg
ike201005014_004.jpg
ike201005014_005.jpg
2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 龍城区域(룡성구역)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-05 (木) 18:37:41