その労苦あってこそのものです

先日、取材先で国土環境保護省森林総局ソン・チョルマンさんから次のようなお話を聞いたことがあります。

ソンさんに言わせますと、200ヘクタール近くの敷地面積を持つ国土環境保護省の管轄する中央育苗場では、ここ数年の間に良種の様々な苗木を生産して各地に送ったとのことです。

そしてその間、中央育苗場が見違えるほど変わった、屋外栽培場、ハウス、旋回スプレー方式の円形の挿し木エリア、科学技術普及室と科学研究室がちゃんと揃っているとも言いました。

また、先頃は育ちが早く、経済価値の大きい数十種の苗木を段階別に育種し、実益のある森林作りに必要な野生の果実の苗木の生産計画を高く立て、その生産に力を入れているとし、こう続けました。

「中央育苗場が段階別に改築され、苗木の生産の科学化、工業化、集約化の水準が前よりはるかに高まりました。今は毎年、2500万本以上の苗木を生産しています。共和国の全ての山を青い森に覆われた山に、五葉松と栗、アロニアなどの山の果実がたわわになる黄金の山、宝の山に作るのが私たちの目標です」

ソンさんは敬愛する最高指導者金正恩委員長がここ育苗場に指導の足跡をしるしたその日のことを忘れられないとして、こんな話も聞かせてくれました。

チュチェ103(2014)年11月10日、ここ数年の間に国の全ての山を黄金の山、宝の山に変える構想を練っていた金正恩委員長は国土環境保護省の管轄する中央育苗場を訪れました。

金正恩委員長は育苗場の各所を見て、苗木の生産の科学化、工業化、集約化を高い水準で実現し、森林と園林のために必要な苗木を毎年多く生産したと評価しました。そして、季節にかかわりなく、木を植えられるよう植樹の方法をさらに完成する課題を与えました。

この日、金正恩委員長は共和国の森林状態にふれ、戦後の復興建設の時、国中が立ち上がって廃墟から立ち直ったように、森林復旧に励もう、と熱く呼びかけました。そして森林造成は長期ビジョンで進めるべきことなので、森林造成と保護に将来を見通して計画的に取り組むべきだと言いました。

愛国の思いが込められたこの日の呼びかけに応えて、社会主義愛国林、模範森林郡称号の獲得運動に社会の誰もがこぞって参加しています。

中央育苗場で生産された苗木によって、国中の山と野原が緑に覆われています。

国土環境保護省のソン・チョルマンさんのお話を通じて、国の全ての山が黄金の山、宝の山になるのは金正恩委員長の精力的な指導と献身の労苦あってこそのものであることを痛感しました。

(今日の朝鮮)

ike200714007_001.jpg
ike200714007_002.jpg
ike200714007_003.jpg
2020年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-05 (水) 17:16:11