青々とした森のために

朝鮮では今年も山林造成とその保護、管理に国中と社会中が関心を向け、大きな成果を収めました。朝鮮労働党は今年、全党、全軍、全人民が奮起して山林復旧に取り組み、国の山々を緑いっぱいの黄金の山に作ることを呼びかけました。この先10年内に全ての山を森の茂る宝の山、黄金の山に変えようというのが朝鮮労働党の揺ぎ無い決心で、意志です。朝鮮では3月2日を植樹デーに定め、春と秋に大衆挙げての運動として木をたくさん植えています。

今年も植樹デーを機に全国的規模で春の植樹が行われました。集計によりますと、植樹デーの一日だけでも全国的に沢山の木と花の木が植えられました。自分が植える一本一本の木が国の繁栄のための万年の計の愛国心の表れで、次の世代の幸福のための気高いものであることを肝に銘じて、人民皆が奮い立ちました。

ハムギョン北道*1では北国の不利な天候に合わせて植樹を本格的に進めて1万3千ヘクタールに3千万本の木を植えました。ファンヘ北道*2のリンサン郡*3では、郡民が総出でチャンソンからまつなど良種の木を毎日40万ないし50万本ずつ植えて、春の植樹の計画を上回って達成しました。他の道でも力を集中して膨大な面積に木を植えました。

集計によりますと、春の植樹が始まって5月の一ヶ月に全国的にチャンソンからまつ、ピョンヤンかえでの木など、数十種、1億数千万本の木が植えられました。この成果は秋の植樹にも継がれました。各地の人々は今日のための今日を生きるのでなく、明日のための今日を生きようとの思いで、皆が木一本を植えても質的指標を満たすよう丹精込めて植えました。

これと共に、育苗場の面積を増やし、既存の育苗場では工業的方法で苗木の生産を前よりはるかに増やしました。国土環境保護省の中央育苗場では良種の木の種子を確保する一方、その生産面積を増やしました。充実した設備と技術の土台を効率的に利用して苗木の生産の科学化、工業化、集約化の水準を一層高め、進んだ生産方法を積極的に受け入れて沢山の苗木を生産し、各地に送りました。

中央育苗場をモデルにしてカンウォン道*4とファンヘ北道、ピョンアン北道*5を始め、各地に数百万本の苗木を生産する育苗場が作られ、苗木の生産でかつてない成果が収められました。その結果、ピョンヤンと地方の育苗場では今年の植樹に必要な苗木を生産する成果を上げました。

国土環境保護省中央育苗場の労働者キム・ヨンホさん、ピョンヤン市*6ソソン区域*7造林事業所のワサン育苗場に勤めるキム・ソンチョルさんはこう話します。

「私たちが育てる苗木はすべて国の貴い宝になると思います。この苗木の一つ一つに私たちの愛国心が込められるのですから、手間隙かけて育てているのです」

「私たちはこれからもより多くの苗木の種子を確保し、国の山々を宝の山、黄金の山に変えるための山林復旧で苗木の生産を受け持っているものとしての責任を全うするでしょう」

次の世代に森の生い茂る美しい山河を譲り渡そう、これが朝鮮人民の心に溢れる愛国の熱意です。このような愛国の熱意があって国の山々は宝の山、黄金の山に変わることでしょう。

2015年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 咸鏡北道(함경북도)
*2 黄海北道(황해북도)
*3 麟山郡(린산군)
*4 江原道(강원도)
*5 平安北道(평안북도)
*6 平壌市(평양시)
*7 西城区域(서성구역)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-09 (木) 21:59:45