古朝鮮の文化

朝鮮初の国家、古朝鮮は紀元前30世紀初頭から紀元前108年まで存続しました。古朝鮮の建国始祖は檀君タングンです。

朝鮮中央歴史博物館キム・ヨンヒさんの解説です。

「古朝鮮の成立により、朝鮮民族は東方では始めて国家時代、文明時代に入りました。英知に富む古朝鮮の人たちは社会経済の各分野で大きく進歩し、優れた文化も創造しました。古朝鮮の文化は朝鮮民族固有の文化の発展の基礎となりました」

当時、古朝鮮の科学技術は相当の水準にありました。古朝鮮の人たちの高い文化水準は発掘された遺跡を通しても良く分かります。特に琵琶型短剣は刃が薄く鋭いわりに中身は比較的太く、短剣としての性能を十分発揮できる構造となっています。それに柄には多様で繊細な文様などが浮き彫りにされていて、当時の発達した青銅製作技術をそのまま見せています。

古くから鉄器を使っていた古朝鮮の人たちは紀元前12世紀前から鋼鉄を生産し、青銅の細い糸で網のような装身具も作りました。当時の高い金属加工技術と優れた工芸術を見せる古朝鮮の金属文化は東方に広く知られていました。

古朝鮮の人たちは生産活動の基本の分野である農業生産に影響を及ぼす天文気象現象にも関心を持って天文学を発展させました。この時もはや星座を刻んだ石の天文図を作って使用しました。

古朝鮮の人たちは建築術も発展させました。支石墓は朝鮮固有の昔の墓として当時の石造術をそのまま見せる代表的なものです。支石墓は地上、あるいは半ば地下の数個の支石の上に大きな一枚の板石を乗せたもので、板石は地上に露出しています。一番大きなものの板石の重さは70トン近くもあるといいます。

古朝鮮の人たちは固有の文字を使いました。そしてこれに基づいて文学も発展させました。当時は、「シンジ文字」と言う朝鮮の昔の文字が使われました。

当時の古代歌謡としては古朝鮮の女流音楽家リョ・オクが作った「コンフイン」があります。この歌はコンフという楽器を弾きながら歌った歌で古代の奴隷社会、つまり、貧しく虐げられる人たちの苦痛と不幸を歌ったもので余韻を残しています。

古朝鮮の人たちの英知に富んだ立派な文化遺産は、民族文化の発展に大いに寄与しました。

2013年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-27 (月) 13:16:01