シンジ文字

5千年の悠久な歴史と輝かしい文化を誇る朝鮮民族は、早くから固有の文字を創って優れた民族文化を創造してきました。朝鮮民族が初めて創った文字は「シンジ文字」という文字です。シンジ文字はタングン、檀君によって紀元前30世紀初めに建てられて紀元前108年まで存続した古朝鮮の人たちが創りだした文字です。

社会科学院歴史研究所の研究室主任で博士、助教授のクォン・スンアンさんのお話です。

「古朝鮮初期にシンジという臣下がつくったシンジ文字は朝鮮民族が使っていた唯一の民族文字として、朝鮮民族が住む全領土にわたって広く使われました。『ニョンビョン誌』、『ピョンヤン誌』などの古書に紹介された文字や古朝鮮時代の古墳から出土した土器に書かれた文字を見ますと、当時のシンジ文字が表音文字、音節文字、縦書きであることが分かります」

シンジ文字は朝鮮民族が独自に創って利用した民族固有の文字です。それは文字の生活に関わっている「グル」(文字)、「ブッ」(筆)、「スダ」(書く)などのような一語、一語のすべてが最初から固有の朝鮮語となっていることから分かります。

その後、シンジ文字は朝鮮民族固有の文字として、いろいろの発展の段階を経て15世紀半ばには「フンミンジョンウム」のような比較的完成した形になりました。「フンミンジョンウム」は漢字では訓民正音と書きますが、文字通り、民に教える正しい音という意味です。

このようにシンジ文字は、朝鮮の民族語の発展で歴史的な意義があるものです。

2016年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-27 (月) 13:18:33