朝鮮の古代国家

朝鮮での古代は古朝鮮*1が建てられた紀元前3000年期初頭から初の封建国家であるコグリョ、高句麗の建国以前、即ち、紀元前277年までに区切られます。

社会科学院歴史研究所の研究者ムン・ヒョクさんのお話です。

「朝鮮民族は遠い昔から1つの領土で固有の言語と文化をもって独自な発展を遂げて来ました。朝鮮民族の元祖であるタングン*2、檀君は5000年前にアジア初の国家を建て、国号を『朝鮮』としました。歴史では14世紀の末期から20世紀初期まで存続した朝鮮封建王朝と区別するためにタングンが建てた国を『古朝鮮』と呼んでいます。朝鮮の歴史に存在した古代国家としては古朝鮮と共にプヨ*3クリョ*4チングク*5がありました」

朝鮮初の奴隷制国家である古朝鮮は、紀元前3000年期初頭から紀元前108年までおよそ3000年間、存続しました。古朝鮮では王が最高統治者でした。中央統治機構と共に地方統治制度も整備されていましたが、地方統治制度でユニークなのは、副首都制度でした。この制度は長い間、伝承されました。

古朝鮮には「犯禁8条」という成文法があり、常備軍もありました。また、早くから農業、牧畜業、手工業など経済各部門が相当発達しました。琵琶型短剣などの多くの遺物と遺跡を見ても、この時代の高い文化水準が分かります。

古朝鮮は経済と文化を発展させる一方、周辺小国を統合して領域を広げ、都のピョンヤンを中心に広大な領土を持つアジアの強国として発展しました。プヨとクリョ、チングクの3国は古朝鮮の小国として存在し、紀元前15世紀に古朝鮮から分離し、紀元前12世紀以前に独自な国家となった奴隷制国家でした。この3国は古朝鮮の経済と文化の影響を多く受けて独自な発展を遂げ、隣国の古代文化の発達にも大きな影響を与えました。

このように、朝鮮の古代国家はタングンを元祖とする同じ民族の国々で、優れた文化を創造して歴史にはっきりした足跡を残しました。

(観光)

ike190910025_001.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 고조선
*2 ダンクン、檀君(단군)
*3 扶余、夫余(부여)
*4 句麗(구려)
*5 辰国(진국)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-29 (火) 15:35:07