朝鮮初の国家、古朝鮮

古朝鮮は朝鮮初の国家です。紀元前30世紀初めに建てられ、紀元前108年までピョンヤンを中心とする北東アジアの広大な地域に存続しました。建国の始祖は、タングン、檀君です。

タングンは、紀元前30世紀初めにピョンヤンに都を定めて建国を宣言し、国の名前を「朝鮮」としました。歴史学会では、朝鮮の最後の封建王朝と区別するため、タングンの建てた朝鮮を古朝鮮と呼んでいます。

元々、タングンは神話の人物とされてきました。1990年代にピョンヤン市*1カンドン郡*2タングン王陵が発掘され、そこで出土した人骨が今から5千年前のものであることが確証されました。こうしてタングンが、5千年前に古朝鮮を建てた初の建国始祖で、朝鮮民族の元祖であることが明らかにされました。

奴隷制国家であった古朝鮮では成文法「犯禁八条」が施行されました。「犯禁八条」というのは「犯罪を禁止する八ヶ条の法」という意味です。

古朝鮮では、早くから農業と牧畜業、手工業など経済各部門がとても発達していました。ここで基本は農業でした。古朝鮮の人々は、土壌と気候に合わせて稲、粟、麦、もろこし、きび、大豆など色々な穀物と麻など工芸作物を栽培しました。

古朝鮮では、手工業も発達していました。国家成立以前の時に始まった青銅器文化は、古朝鮮の成立と共に高い水準に発展しました。琵琶型短剣と細形青銅短剣が代表的な青銅器遺物です。

古朝鮮の人々は、創造的な知恵を発揮して科学と文化を発展させました。それは、その時の遺跡と遺物を通じてよく分かります。タングン朝鮮の時の遺跡の支石墓、ドルメンの板石の上の部分に星座を刻んだ天文図があります。また、金属工芸「竜の刻まれた金のベルトのバックル」などの装身具もあります。

朝鮮中央歴史博物館解説係リュ・ギョンエさんのお話です。

「『竜の刻まれた金のベルトのバックル』は、純金でつくられたものですが、長さ9.4センチです。竜の模様を中心とし、そこに翡翠をはり付けてバックル全面を飾りました。これは当時の祖先の文化水準を研究する上でとても価値ある遺物の一つです」

古朝鮮では、「シンジ文字」といわれる固有の文字が創られ、文学と芸術も発達しました。コンフという楽器を奏でながら歌った歌の歌詞が今に伝えられていますが、リョオクという女性が作ったものです。

古朝鮮の人々が作り出した立派な文化遺産は、その後の民族文化の発展に大いに寄与しました。

2015年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平壌市(평양시)
*2 江東郡(강동군)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-07 (金) 19:27:21