伝統の祝日、旧正月

はい、今年は、2月10日が旧正月ですが、朝鮮では、そのまま正月と言って、昔ながらの正月を楽しんでいます。

偉大な金日成主席と偉大な金正日総書記は5千年の長い歴史を持つ朝鮮民族の伝統的な風習と風俗がそのまま引き継がれるようにしました。旧正月もその中の一つです。生前、金正日総書記は伝統の遊びや食べ物について一つ一つ教え、朝鮮人民が旧正月を有意義に過ごすよう格別の関心を向けました。

チュチェ92年、2003年の旧正月の日のことです。総書記は、関係者に人々が旧正月をどう過ごしているかを訊きました。その人は、勤労者たちが、レストランのオクリュ館*1とチョンリュ館*2で、肉がいっぱいもられた冷麺とピョンヤン冷麺を食べ、そして、子供たちは凧揚げとチェギけりをしながら、楽しく過ごしていると答えました。

すると、総書記は、人民が楽しく正月を過ごしているというのでうれしいです、人民に幸福をもたらすため、私たちが試練を乗り越えて革命をする甲斐があるのです、と言いました。

レストラン・チョンリュ館の主任技師チョン・ヘスクさんのお話です。

「毎年そうですが、今年もチョンリュ館のメインメニューにはユニークなおせち料理が入っています。朝鮮人なら誰もが好きなピョンヤン冷麺と肉がいっぱいもられた冷麺などたくさんあります。伝統の食べ物トック*3もありますが、お客さんたちは手作りも良いが、ここチョンリュ館のものは格別美味しいと言って、誰もが求めています。このほかにもシンソンロという真ん中に火をつけて周りの素材を煮る特別の器の寄せ鍋とチョンゴルという肉と野菜などに調味料を入れ、ごった煮にしたすき焼き、ポッサムというすり肉の寄せ物、餅類なども用意しました。家族ぞろいで、または友達同士で旧正月を楽しむお客さんたちの明るい姿に私たちも心のぬくもりを感じています」

偉大な金日成主席が国を取り戻し、金正日総書記が先軍の威力で国を守り、輝かせてくれたので、このように朝鮮人民は、5000年の歴史を誇りながら旧正月を楽しく過ごしているのです。

正月を迎えるたびに、朝鮮人民は、朝鮮民族を一番大事にした主席と総書記に心から感謝しています。

2013年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 玉流館(オンリュグァン、オクリュカン 옥류관)は、朝鮮民主主義人民共和国平壌市中区域にある朝鮮料理レストランである。平壌冷麺の店、外交の場として国際的に著名で、同国を代表する規模と格式を持つ店とされている。(Wikipedia)
*2 清流館:同じ平壌市内にある玉流館とともに朝鮮民主主義人民共和国の代表的な店となっている。(Wikipedia)
*3

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-09 (日) 21:04:33