朝鮮の旧正月の風習

旧正月は朝鮮人民の伝統の祝日です。今年は、2月16日が旧正月です。

旧正月の風習は、古朝鮮を始め古代国家の時代に始まり、コグリョ、高句麗とコリョ、高麗、そして、朝鮮封建王朝の時代を経て今に受け継がれています。

お正月を意味するソル*1は、朝鮮固有の言葉です。お正月が近づくと、晴れ着を用意する一方、すす払いをして家の中と外をきれいにしました。また、夜を明かしておせち料理を作り、元旦からお正月ムードで賑わいました。

先ず、家族の年上の人に深くお辞儀をしました。この年始の挨拶を朝鮮語で「セベ*2」と言いますが、この風習は年上の人を尊敬し、礼儀を重んずる朝鮮人民の美風の表れです。一番年上の人の順に挨拶をしますが、それが終わると、村の大人と恩師を訪ねて挨拶しました。

年上の人はもちろん、友達同士に新年を祝う言葉を交わしましたが、これを「トクタム」と言いました。お正月の晴れ着を「ソルビム」、または「セジャン」と言いました。朝早く起きて、晴れ着に着替えましたが、異彩を放つのは袖口と襟、紐などに飾り切れをつけたチョゴリでした。

お正月の風習の目玉はおせち料理でした。餅類とチヂム*3、スジョングァ*4、シクヘ*5、焼肉、果物などを用意しました。トック*6、餅のスープですが、これはおせち料理で欠かせないものでした。

遊びも盛り沢山でした。ユッ遊び*7、これはすごろくに似ています。そして板飛び、凧あげ、そり、風車などを楽しみました。老若男女の誰もが楽しむユッ遊びは伝統の遊びの花形で、お正月のムードを引き立てました。

朝鮮の旧正月の風習は、民族の香りと伝統を今に伝え、一層発展しています。

(観光)

IKE180109020_001.jpg
IKE180109020_002.jpg
IKE180109020_005.jpg
2018年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1
*2 歳拜 세배
*3 チヂミ(지짐、지짐이)
*4 スジョンガ、水正果(수정과)
*5 シッケ、食醯(식혜)
*6
*7 ユッノリ、ユンノリ(윷놀이)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-17 (土) 00:46:06