玉流館の料理専門食堂

ピョンヤンの都心を流れるテドン川*1の辺にレストラン、オクリュ館*2があります。オクリュ館はピョンヤン冷麺が自慢ですが、それに劣らず来客に人気なのは料理専門食堂の名料理です。

オクリュ館の料理専門食堂は人民の食生活の向上のために腐心してきた偉大な金正日総書記により建てられました。金正日総書記は歴史の古いオクリュ館がピョンヤン冷麺だけでなく、料理の美味しいことでも評判になるよう料理専門食堂の建設を発案し、その敷地まで見立てました。そして利便性と共に建物の造型化、芸術化が最高のレベルで実現した料理専門食堂が建設された時は現地に赴きました。

オクリュ館の支配人ムン・ギョンホさんのお話です。

「金正日総書記はチュチェ99(2010)年10月17日、新設された料理専門食堂を訪れ、食堂の人たちがサービスで守るべき指針を示しました。この日、総書記は食事室はもとより、厨房と加工室まで見ました。そして、人民の食生活と食文化の水準を最高のレベルに引き上げようというのが党の意図で、理想だとし、オクリュ館は人民へのサービスの殿堂だと言いました」

総書記は壮大華麗な料理専門食堂の外と中を長い時間をかけて見て、人民に又一つプレゼントできる、ととても喜びました。この日、総書記は最上級の料理専門食堂まで揃えることにより、人民のオクリュ館が名実共に民族の貴い富、世界でも指折りの食堂として脚光を浴びるようになったとし、オクリュ館の料理専門食堂では伝統料理は勿論、スッポン、チョウザメ、ウズラの料理を始め色々な料理を作って出すべきだと教えました。

また、オクリュ館の料理専門食堂で有名な料理をうまく作って奉仕すれば、オクリュ館が来客で賑わうだけでなく、ここで作った名料理が国中に広まるだろうと言いました。国の料理の発展のために腐心する総書記の心中は人民への愛情で一杯でした。

社会主義強国に住む人民の食生活と食文化を最高のレベルに引き上げようとの総書記の熱い思い。人民への総書記の献身的な奉仕の精神は熱い人民愛に根ざしています。それで食堂の人たちはこの日の総書記の教えを肝に銘じてサービス精神を強く発揮しています。

オクリュ館の料理専門食堂は総書記の人民愛を今に伝え、伝統料理の発展の原種場の役割を果たすでしょう。

IKE171017005_120.jpg
IKE171017005_130.jpg
2017年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大同川(大同江、대동강)
*2 玉流館(オンリュグァン、オクリュカン 옥류관)は、朝鮮民主主義人民共和国平壌市中区域にある朝鮮料理レストランである。平壌冷麺の店、外交の場として国際的に著名で、同国を代表する規模と格式を持つ店とされている。(Wikipedia)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-15 (水) 21:48:47