人民に奉仕するよう

ピョンヤンのポトン川*1の岸辺に伝統料理のよさで市民に評判のレストラン・チョンリュ館*2があります。とりわけ、ここでは美味しいピョンヤン冷麺を出すことで市民の好評を博しています。

チョンリュ館の主任技師、博士であるキム・ミョンシムさんのお話を聞いて見ましょう。

「今、チョンリュ館を訪れる人誰もがピョンヤン冷麺を味わっては賛辞を惜しんでいません。それを耳にするたびに、レストランの従業員に人民に奉仕すると言う意味を教え諭し、1皿の冷麺にも真心を尽くすよう導いた偉大な金正日総書記が忘れられません」

ここチョンリュ館は出来上がってから最初の何年間はピョンヤン冷麺を出しませんでした。

チュチェ72(1983)年5月、チョンリュ館を訪れた金正日総書記は、このように立派なレストランを建てたのは市民が自分の好きな料理を食べながら楽しく過ごすようにするためだ、誰もが好んでいるピョンヤン冷麺をチョンリュ館でもサービスするのがよいだろう、と言いました。総書記の提言どおり、チョンリュ館ではメニューにピョンヤン冷麺も入れることにし、その準備をしました。

ある日、チョンリュ館でつくったピョンヤン冷麺の味を見た総書記は、麺類で基本はスープだが、今のスープでは醤油の味がするとし、市民の意見を聞いてみては、と言うのでした。そして古い歴史を誇り、誰もが好んで食べるピョンヤン冷麺の固有の味を生かさなければならない、スープを美味しく、さっぱりとして芳しいものにするためには、冷たいトンチミという漬物の汁を程よく混ぜるのがよさそうだ、と言いました。

その後、総書記はチョンリュ館にいろいろなレシピも送り、実習と品評会もたびたび行うよう措置を講じました。チョンリュ館のサービスの実態について改めて聞いてみた総書記は、ピョンヤン冷麺の味がよい、市民の間で人気が上がるほど、慢心せず、引き続き発奮するべきだと言いました。

人民のためのことでは満足とはありえないという深い意味が込められた話でした。チョンリュ館の名だたる伝統料理の真価はピョンヤン冷麺の固有の味により、なお異彩を放っています。

まこと、金正日総書記は人民の幸せのためにすべてを尽くした優しい父そのものでした。

(偉人伝)

IKE181217020_113.jpg
IKE181217020_117.jpg
2019年の記事

 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 普通川(普通江、보통강)
*2 清流館(チョンリュグァン、チョンリュカン 청류관)は同じ平壌市内にある玉流館とともに朝鮮民主主義人民共和国の代表的な店となっている。(Wikipedia)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-03 (木) 16:44:09