朝鮮侵略のプロローグである「雲揚」号事件

1868年の明治維新後、日本軍国主義者は日本の繁栄の為に朝鮮を武力で征服すべきだという征韓論の下に朝鮮侵略の準備を進めました。朝鮮に対する日本の侵略策動は1870年代の中頃になって露骨な武力挑発の段階に移りました。

特に日本の侵略者は1875年5月、所謂「発砲演習をする」と言って侵略船雲揚号を釜山港に不法入港させ、同年の9月には「航路測量」を口実の下にまたもや雲揚号を朝鮮沿海に進入させました。9月20日、雲揚号に乗ってカンファ島(江華島)*1沖に侵入した日本の侵略者は、朝鮮の主な関門で軍事要衝であるチョジジンという砲台*2を占領しようとしました。

これに憤激した守備兵達は猛烈な砲撃で断固撃退しました。チョジジンから追われた侵略者は防備の弱いチョンサン島*3とヨンジン島*4を無闇に砲撃し、島に上陸して殺人と略奪・破壊・放火等を欲しいままにしました。これが他ならぬ日本の侵略者による雲揚号事件です。日本ではこれを江華島事件と呼んでいます。

侵略船雲揚号の軍事的挑発はそれ自体に目的があるのではなく、それを皮切りに朝鮮封建政府を軍事的に威圧し不平等条約を締結する事により、朝鮮を従属させる法的根拠をつくる事にありました。雲揚号事件が起きると日本の侵略者は時とばかりに「朝鮮側が日本に対して敵対行為をした」と言い掛かりをつけ、公然たる武力干渉を始めました。

社会科学院歴史研究所の所長、博士・助教授、ファン・ミョンチョルさんのお話です。

「狡猾この上ない日本の侵略者は『日本の軍艦に発砲した朝鮮を許せない』とし、各国の公使に『朝鮮側が先に発砲したので自分達もやむを得ずそれに応えた』と黒白を転倒して通知し、朝鮮封建政府に事件の全責任があるかのように国際世論を惑わそうと躍起になりました。雲揚号事件は日本が朝鮮に対する武力侵略の口実を設ける為に計画的に起こした謀略的な事件でした」

日本の侵略者は雲揚号事件後、大砲と軍艦で朝鮮封建政府を威嚇恐喝して1876年2月、侵略的なカンファ島条約、日本で言う日朝修好条規(江華条約)を強制締結しました。このように朝鮮に対する軍事的挑発で朝鮮侵略の幕を開けた日本の侵略者はその後、強盗宛らの方法で朝鮮の国権を完全に奪い、遂に朝鮮を植民地にしました。そして人類史上例を見ない最も悪辣な植民地支配を実施し、朝鮮人民に計り知れない不幸と苦痛を強いました。

にも拘らず今、日本の反動勢力は罪な歴史に対する謝罪と賠償を回避しており、侵略に躍起になっていた過去を懐かしみ、それに返り咲こうとしています。

日本が過去の罪を覆い隠して再侵略の野望を果たそうと無謀に振舞うなら、得るのは容赦無い報復の懲罰だけでしょう。

(時事評論)

2019.09.19 サイト音声の聞き書き
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 こうかとう、カンファド(강화도)
*2 草芝鎮砲台(초지진포대)
*3 項山島(항상도)
*4 永宗島(영종도)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-20 (金) 21:16:53