「朝日修好条規」はなぜ必要だったのか

1876年2月3日、陽暦で1876年2月27日、朝鮮封建政府と日本政府の間に『朝日修好条規』が締結されました。日本の強制によるもので朝鮮のカンファ島*1、江華島で締結された事から『カンファ島条約(江華島条約)』ともいいます。

日本侵略者は条約締結の口実を設ける為、1875年に2回も軍艦『雲揚号』を朝鮮領海に不法侵入させて軍事的に挑発しました。その後1875年12月19日、陽暦で1876年1月15日、800人の軍人を乗せた7隻の軍艦が朝鮮南海と朝鮮西海一帯に侵入し武力示威と沿海の不法測量・スパイ行為を働きました。

カンファ島に上がっては朝鮮封建政府に談判を強要しました。数日間の談判で12ヵ条から成る『カンファ島条約』が強制的に締結されました。条約は「釜山港他2港を更に開港しそこで関税貿易を行う事が出来る」と規定し、日本が朝鮮で何の制約も受けずに経済的略奪が出来る保障をもたらしました。また日本の朝鮮沿海測量の作成権と共に開港上に住居する日本人の治外法権的地位を規定しました。

骨子を言えば条約は日本には領事権・自由貿易権・関税免税権・沿海測量権等の特権だけを与え、朝鮮封建政府には従属的な義務だけを負わせたものでした。

これで日本侵略者は政治・経済・軍事等の全ての分野で朝鮮を従属させる条件をつくり、朝鮮は急速に半植民地化の渦中に巻き込まれました。

(時事評論)

img_vok210226a_01.jpg
img_vok210226a_02.jpg
img_vok210226a_03.jpg
img_vok210226a_04.jpg
img_vok210226a_05.jpg
img_vok210226a_06.jpg
img_vok210226a_07.jpg
img_vok210226a_08.jpg
2021.02.26 サイト動画の聞き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 カンファド(강화도)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-27 (土) 20:21:52