花に覆われた国に

ピョンヤンフラワー研究所は市民の文化生活に役立つフラワーを研究し栽培するところです。チュチェ89(2000)年7月に立ち上げました。近年、その規模が拡張し、共和国では指折りのフラワーの研究と栽培の拠点となりました。

研究所には生物工学研究室を始め10あまりの研究室があり、世界中の名のある草花を共和国の気候風土に順化させ、繁殖と栽培の方法を研究して国内品種を増やしています。温度と湿度などすべての作業環境がコンピューターによってコントロールされるモダンなハウスもあり、研究がそつなく進んでいます。

努力の甲斐あってこの1年の間に10種あまりの新種を国家品種に登録し、広めることが出来ました。色が多様で春から秋に掛けて咲き続ける「早生のコスモス第2号」、株あたりの花の数が400以上もある「つる性バラ第1号」は開花期間がとても長く、観賞用としての価値があるので高く評価されています。

研究所では国内の豊かな原料で作った防湿剤を利用してドライフラワーの大量製造を可能にする技術を完成し、その工業化の土台を築きました。花かごと花束、壁飾りの花などドライフラワーも100種を越えています。

研究所では花を大量に栽培しています。その栽培面積は百数十個のハウスと外の畑を含めて数十万平方メートルもあります。草花の卸売りもしていて市民のニーズに合わせたいろいろな花々と花の製品を売っています。

副所長のコ・チョルミンさんのお話です。

「花に対する人々の需要は日を追って高まっていますね。研究所でもこれにあわせて共和国の気候条件に合い、開花期間が長い草花の品種をさらに増やしています。観賞用としての価値と経済的効率を高める遺伝子組み換えの研究にまず力を入れるつもりです。そして、花の栽培の科学化、工業化の実現のための難題を解決して草花の生産を増やしていきます。日増しに移り変わる国土をかぐわしい香りいっぱいの楽土に作って誰もが喜びと幸せを満喫できるようにするつもりです」

2014年の記事
 

バラの品種の研究と普及に取り組んでいます
ピョンヤン市でバラの栽培と普及が活発に行われています
ピョンヤンフラワー研究所でドライフラワーの製品の種類を増やしています
ピョンヤン・フラワー研究所プリザーブドフラワー製作所で新製品を出しました
ピョンヤン・フラワー研究所で成果を上げています
平壌フラワー研究所で様々なフラワー製品を作る為の研究を深めています


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-11 (火) 15:19:38