万福花の花言葉

この地に咲き誇る様々な花にはそれなりの花言葉があります。バラは“美しさ”、チューリップは“愛情”、シネラリアは“楽観”、カーネーションは“母性愛”、野菊は“平和”を意味します。この花は万福花、『万(よろず)の幸福』という意味です。9年前に生まれました。

  • 万福花
    • ラン科シンビジウム属の常緑多年草
    • 開花;12月から翌年の4月まで
    • 生育温度;10~25℃
       
img_vok210330c_01.jpg
img_vok210330c_02.jpg

万福花が生まれた平壌フラワー研究所です。研究所では日増しに高まる人民の文化生活の要求を満たす為に、色々な品種のフラワーとドライフラワーへの研究と栽培に励んでいます。ここの科学者達は数年間の苦心の末、シンビジウムの品種の中から21固体を交雑して新種のシンビジウムを育種しました。研究チームの1人、パン・ヒョンイム主任です。

img_vok210330c_03.jpg
img_vok210330c_04.jpg
 

ピョンヤン・フラワー研究所の主任 パン・ヒョンイム

img_vok210330c_05.jpg

「どこでも簡単に栽培でき、生け花にしても長続きする万福花は朝鮮の気候風土に適した理想的な観賞用の花だと言えます。2011年3月3日、研究所を訪れた敬愛する金正恩総書記に私たちが育種したシンビジウムを見てもらいました。翌年の3月には、私たちが送った写真を見て花がとてもきれいだとし『万福花』と名付けました」

万福花、古くから人々は花に特別な意味を付けて自分の感情を表わしました。それで花言葉という単語も生まれたのでしょう。

満開になる花のように幸せ一杯の人民の生活を願って止まない金正恩総書記が名付けた万福花。その願いを胸に人民の為に全てを尽くしている総書記によって人民の幸せは大きくなるばかりです。

img_vok210330c_06.jpg
img_vok210330c_07.jpg
img_vok210330c_08.jpg
img_vok210330c_09.jpg

国中に咲き誇る万福花の芳しい香りのように人民の幸せそうな笑い声は果てし無く響き渡っています。淡いピンク色の花々は輝くようです。代を継いで営む人民の幸せな生活に〓〓〓。

(今日の朝鮮)

2021.03.30 サイト動画の聞き書き、字幕抜き書き、一部不明
 

バラの品種の研究と普及に取り組んでいます
ピョンヤン市でバラの栽培と普及が活発に行われています
ピョンヤンフラワー研究所でドライフラワーの製品の種類を増やしています
ピョンヤン・フラワー研究所プリザーブドフラワー製作所で新製品を出しました
ピョンヤン・フラワー研究所で成果を上げています
平壌フラワー研究所で様々なフラワー製品を作る為の研究を深めています


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-31 (水) 20:51:22