万福花が伝える話

ピョンヤン・フラワー研究所は共和国の草花研究および生産施設です。ここで栽培、育種されている芳しい花々は朝鮮人民に美しい情緒を与えています。ここによろずの福の花と言う意味の万福花があります。この名前には次のようないわれがあります。

チュチェ101(2012)年3月のある日、フラワー研究所の人たちは敬愛する最高指導者金正恩委員長に新しく育種したシンビジウムの亜種の名をつけてくれることを申し出ました。金正恩委員長は花を見て、この花はとても綺麗だとし、人民がよろずの福を受けて幸せに生きることを望むという意味で花の名を「万福花」と命名しました。

数ヵ月後のチュチェ101(2012)年9月、金正恩委員長は能力アップされたピョンヤン・フラワー研究所を訪れました。草花の生産能力が増大したことを評価し、各温室を見ていた金正恩委員長はシンビジウムを栽培している温室に寄りました。

花の育種の状況について聞いた金正恩委員長は植木鉢をひとつ手に取り、この花は3ヶ月以上咲く花です、シンビジウムのように花の咲く期間が長い花を多く育種すべきですと言いました。

ピョンヤン・フラワー研究所のリ・チョルチュン副所長のお話です。

「金正恩委員長は花は美しさと文化のシンボルだとし、綺麗な花をたくさん栽培して花屋に送り、入院した人の見舞いに行くときや母の日に花を買ってプレゼントすれば喜ぶだろうと言いました」

金正恩委員長が直々名を付けた万福花は、不世出の偉人の崇高な人民愛を伝え、今も国の各地で美しく咲いています。

(今日の朝鮮)

ike200309003_001.jpg
ike200309003_003.jpg
ike200309003_004.jpg
ike200309003_005.jpg
ike200309003_006.jpg
ike200309003_008.jpg
2020年の記事
 

バラの品種の研究と普及に取り組んでいます
ピョンヤン市でバラの栽培と普及が活発に行われています
ピョンヤンフラワー研究所でドライフラワーの製品の種類を増やしています
ピョンヤン・フラワー研究所プリザーブドフラワー製作所で新製品を出しました
ピョンヤン・フラワー研究所で成果を上げています
平壌フラワー研究所で様々なフラワー製品を作る為の研究を深めています


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-03 (金) 21:40:46