新種のコスモスの育種のために

コスモスはキク科の1年草で、日当たりのよい所でよく育ちます。花は晩秋まで咲き続け、鮮やかな色が目を楽しませます。道路や線路沿い、駅の構内で広く栽培されています。

そして、園芸品種として庭や花壇に植えられ、住宅などの建物の周りや垣などを飾り付けるものとしても植えられます。育てやすい観賞植物として朝鮮人民にとても愛され、花の研究も行われています。

草花の研究だけでなく栽培も行っているピョンヤンフラワー研究所では、外来種の帰化と共に新種の育種に力を入れてきました。早咲きの第1号、第2号、第3号、第4号を始め幾つかの新種が育種され、国家品種として登録されました。

多色品種の帰化と共に、単色または二色の大輪の品種の研究は決して容易なことではありません。研究所の人たちは国中を百花咲き誇る美しいところに造る一念で取り掛かりました。

知恵を出し合って研究に打ち込んだ結果、チュチェ93(2004)年、早咲きの品種第1号を完成しました。その後、ピンクと白など色の変化が多く、従来の倍近くの大輪の品種も育種しました。また、花びらが筒状で背丈の低い品種を帰化させました。

研究室主任のリ・スリョンさんのお話です。

「美しさと香りにより花は人々の心を楽しませています。研究室の皆は、人々に美しい情緒を与える花をより多く育種するため知恵と情熱の限りを尽くしています」

2014年の記事
 

バラの品種の研究と普及に取り組んでいます
ピョンヤン市でバラの栽培と普及が活発に行われています
ピョンヤンフラワー研究所でドライフラワーの製品の種類を増やしています
ピョンヤン・フラワー研究所プリザーブドフラワー製作所で新製品を出しました
ピョンヤン・フラワー研究所で成果を上げています
平壌フラワー研究所で様々なフラワー製品を作る為の研究を深めています


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-29 (水) 14:11:21