細型黄銅短剣

細型黄銅短剣は、朝鮮の史上初の奴隷制国家である古朝鮮時代に普遍的に使われた黄銅製の短剣です。古朝鮮は、紀元前30世紀初めから紀元前108年まで、ピョンヤンを中心とする北東アジアの広大な地域に存続した東方の強国でした。

社会科学院考古学研究所ソン・チョル室長のお話です。

「古朝鮮時代に手工業が非常に発達しました。このような歴史的事実は、古朝鮮初期の遺跡から出土した青銅製の琵琶型矛先と青銅のボタン、青銅器のかけらなどを通じてよく分かります。特に古朝鮮の青銅器の遺物のうち、細型黄銅短剣は、朝鮮の古代後半期の文化を特徴付ける代表的な遺物となっています」

細型黄銅短剣は、刃の部分が細く、剣の身と柄、つばが別々のつくりで組み立て式になっています。剣の身の中間部分は縦の方向に若干膨らんでおり、そこにも刃を持っています。柄のほうの近くには突起部があり、この突起部と平行した刃の部分には溝があります。

細型黄銅短剣の発祥地と中心地はピョンヤンです。

細型黄銅短剣は朝鮮の古代文化の研究で貴重な資料となっています。

(観光)

ike200410035_001.jpg
2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-06 (水) 14:24:23