朝鮮式の鉄の生産システムを確立する

金属工業は自立的民族経済の柱です。自立経済全般を活性化し、人民生活の向上のためのしっかりした土台を築く上で、鉄鋼材の生産を増やすのはとても重要な意義があります。

朝鮮では、数十年前から国内の原料と燃料による鉄の生産方法を確立するための取り組みが進められて来ました。その結果、2000年代末には、朝鮮に豊かな無煙炭で鉄鋼材の生産を正常化できる確固たる見通しがつきました。このように生産された鉄をチュチェ鉄と言います。

敬愛する金正恩総書記は、チュチェ鉄の生産システムを技術的に完成し、能力を拡張して、実情に合う大規模な鉄の生産システムに発展させることに深い関心を持っています。

金正恩総書記は、チュチェ鉄の生産システムを充実させるための課題を与え、色々と解決策も示して、成功へと導きました。そして、鉄鋼材の生産での科学技術上の問題を主体的な立場で解決するよう科学者と技術者を励まし、最新科学技術の資料も送りました。

金正恩総書記の精力的な導きの下に酸素熱法によるチュチェ鉄の生産システム、石炭ガスによる圧延鋼材の生産システムが確立し、金属工業の主体化に大きな意義があるプロジェクトが次々と竣工しました。

金正恩総書記は、朝鮮労働党第8回大会で2021年から2025年までの国家経済発展5ヵ年計画期間に、チュチェ鉄の生産システムを技術的に完成し、能力を拡張して鉄鋼材の生産を増やす課題を与えました。

今、国内の主な製鉄所と製鋼所ではチュチェ鉄の生産工程を省エネ型に、技術的に完備するため現行生産を推し進めると共に、新たな製鉄炉を建設して鉄鋼材の生産を一層増やすことに総力を結集しています。

充実したチュチェ鉄の生産システムに自立経済の50年、100年の未来がかかっています。

(今日の朝鮮)

ike220412016_001.jpg
ike220412016_002.jpg
ike220412016_004.jpg
ike220412016_005.jpg
2022.05.08の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-05-09 (月) 20:21:12