チュチェ鉄の生産土台の強化

呉英淑(オ・ヨンスク):朝鮮労働党第8回大会ではチュチェ鉄生産システム、つまり国内の原料・燃料による製鉄システムの技術的完成を金属工業部門の重要な課題として示しています。チュチェ鉄の生産システムの技術的完成はコストダウンを図り、主体化した生産工程の運営を正常化して鋼材をもっと多く生産し自立経済の未来を裏付ける国家の重大事です。鋼材の生産イコール自立経済の活力で朝鮮式社会主義建設の勝利の前進の保障です。

朝鮮労働党は自立経済発展の新たな活路を切り開く上で金属工業部門を主柱部門とみなしています。今、金属工業部門では当座の生産の傍ら現存の生産工程を進んだ技術で改造し、省エネ型の新たな製鉄炉を建設して生産を増やす為のプロジェクトを同時に進めています。主な金属工場に朝鮮式の製鉄システムが構築され、その正常な運営とコストダウン・クオリティーアップに力が入れられています。

チュチェ鉄の生産システムの技術的完成の推進力を設備や資材・資金でなく、科学者・技術者の愛国心とクリエーティブ・科学技術に求めています。また集団的技術革新運動を結び付けて大衆の尽きない想像力を発揮させています。

国の経済的基礎を更に強固にしようとの人民の愛国心により、今、朝鮮では労働党の経済戦略に則り人民経済全般で自立的土台の整備・補強に本腰が入れられています。

(政策)

2021.09.25 サイト音声の聞き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-26 (日) 18:53:50