「朝鮮の声」郵便箱 2018.08.03

カン・ソンヒ:「朝鮮の声」放送へようこそ。

シン・ヨンイル:「朝鮮の声」放送へようこそ。

カン・ソンヒ:前回に続いて今日も「朝鮮の声」放送の「豆知識コンクール」に参加するリスナーの皆さんの為に、問題の解答に役立つ記事をお送りしますので注意深くお聞きになって下さい。

朝鮮の国花と国鳥について

シン・ヨンイル:花は喜びと希望、美しさのシンボルです。その為人々は昔から美しく珍しい色とりどりの花を丹精を凝らして育て、中でも一番美しく芳しい花を国と民族を象徴する国花としました。それでは朝鮮民主主義人民共和国の国花は何でしょう? はい、モンランです。国家はその国の風土と文化、人々の生活慣習に密着しています。このモンランは朝鮮の一部の北部地帯を除く各地の谷間、山腹に育つ落葉低木、または高木です。花の色は雪のように際立って白いですが、大輪の花はとても美しく香りが独特で、実になり生活力も強いです。樹高は2~5メートルくらいで、5、6月ごろ新しい枝の先に花を付けます。

カン・ソンヒ:朝鮮人民は昔からモンランを「芍薬の木」、または木に蓮のような花が咲くという意味で「木蓮」と呼んできました。偉大な金日成主席は、「朝鮮人民は昔から美しく芳しい花に蘭の字を付けたが、木に咲く美しい花という意味でこの花を『モンラン(木蘭)』と呼ぶのがよいだろう」と言いました。

シン・ヨンイル:広く大きな艶々した青葉の隙間から雪のように真っ白い花を覗かせるその純潔さに、朝鮮人民の叡智と強い気概、素朴さが垣間見られます。美しさと香りで人々を喜ばせる花、力を感じさせる青葉、自信と楽観を持たせる豊かな実り、正にモンランは朝鮮人民に愛される名花、朝鮮の国花です。

カン・ソンヒ:さて、朝鮮の国鳥はオオタカです。オオタカは朝鮮の白頭山一帯をはじめ北部地方に住む留鳥で、コウノトリ及びアオサギ目ワシ科に属します。嘴と爪は鋭く、視覚はとても発達しています。

シン・ヨンイル:オオタカは朝鮮の北部の山地に住み、冬は中部以南まで南下します。繁殖期になると高木の枝に皿状の巣を作り、薄い青色、または青色の卵を2~4個産みます。1年に1回繁殖します。主食はキジ、ノウサギ、アヒル等ですが、その他の小獣や鳥類も捕食します。

カン・ソンヒ:オオタカは朝鮮人民の生活と深い繋がりがありますが、古くからキジとハト、ノウサギの狩りに用いられました。飼い馴らしたものをスチニ*1、野生のものをサンチニと読みます。

シン・ヨンイル:小柄ですが鋭い嘴と爪、速い速度、利口で勇猛な気質、均衡の取れた体つき、発達した視覚を持っているオオタカは、朝鮮の国鳥として人民から格別に愛されています。

 
 
 

カン・ソンヒ:ではリスナーの皆さん、今日はこの辺で。次のこの時間にまたお会いしましょう。

(「朝鮮の声」郵便箱)

2018.08.03 サイト音声の聞き書き
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 「朝鮮 鷹狩り」で検索中に「シチミ」という単語を発見。「スチニ」はこの「シチミ」に関係する言葉かも知れないと思い一応記載しておく。鷹狩りで自分の鷹であることを示す為に付けた名札を「シチミ(시치미)」と言い、それを外して他のものを付けて知らないふりをする「シチミを取る」という慣用句があるそうです。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-04 (土) 12:31:09