「朝鮮の声」郵便箱 2018.07.13

カン・ソンヒ:「朝鮮の声」放送へようこそ。

シン・ヨンイル:「朝鮮の声」放送へようこそ。

カン・ソンヒ:いよいよ夏本番という事で蒸し暑い日が続いているこの頃の平壌ですが、皆さんの地方ではいかがですか?

シン・ヨンイル:さて、今日のこの時間は、チュチェ107年(2018)『「朝鮮の声」豆知識コンクール』関連のコーナーです。答えのヒントとなる記事をお送りしますので、注意深くお聞き下さい。

カン・ソンヒ:はい、「国号に秘められた愛国の意思」についてです。

国号に秘められた愛国の意思

カン・ソンヒ:国号は一般的に国家の形態を表し、国の自主性を象徴するものです。

シン・ヨンイル:そうです。共和国の国号は皆さんもご存知の通り、「朝鮮民主主義人民共和国」です。この国号には共和国の階級的本質と共に朝鮮革命の根本の目的と当面の課題が、はっきりと示されています。

カン・ソンヒ:はい、そして偉大な金日成主席の国と民族、人民を愛する崇高な志が秘められています。国の解放後国号を制定する時、主席は「朝鮮革命の当面の課題と根本の目的を考慮して、国号を『朝鮮民主主義人民共和国』にするのが最も合理的だ」と言いました。

シン・ヨンイル:当時、一部の人達は「国号があまり長すぎる」とか「他の国では国号をそのようにつけない」と言って難色を示しました。そして「国号から人民という単語を抜こう」と言い、また「民主主義という単語を抜くべきだ」と主張する人もいました。

カン・ソンヒ:はい、この事を知った主席は、「国の名前は我々が主人となって自国の人民の要求を反映して作るべきで、誰かの顔色を窺う事など無い。気を確かに持って自国の人民が求める国号を制定すればそれまでだ」と言いました。そして「国号は国家の公式の名前で、これには国家政権の階級的本質と国家の形態が反映される。それで国号を正しく制定する為には、革命の根本の目的と当面の課題を同時に考慮すべきで、どこまでも自国の実情に合わせて制定すべきだ」と力を込めて言いました。

シン・ヨンイル:主席は「国号から『人民』という単語を抜こうとするのは、結局、南朝鮮の極右反動勢力が主張するのと何の変わりも無いだけでなく、その主張を庇護し、それに追従しようとの危険な思想である。『民主主義』という単語を抜こうとする主張は、朝鮮革命発展の現段階の課題を正しく認識出来ず、分けても国が南北に二分された条件の下で革命を遂行するという事を無視した事からの、極めて誤った主張だ」とし、主体性と人民性の無い見解を断固排撃しました。

カン・ソンヒ:国号の制定に於いて徹底的に主体的立場、人民的立場に立った主席の固い信念、それは共和国を五千年の歴史に嘗て無かった最も尊厳ある強力な国、人民の永遠の幸せが花咲く所に築こうとの、主席の崇高な思想の表れでした。

シン・ヨンイル:朝鮮人民皆に心から支持され愛されている共和国の名前、「朝鮮民主主義人民共和国」は、朝鮮人民皆の利益を代表し、共和国北半部での社会主義建設と国の平和的統一の為に闘う、自主的な社会主義国である事を象徴しています。

カン・ソンヒ:はい、そして共和国の国家政権が、確固たる政治的基盤としっかりした経済的基礎を持つ労働者、農民の革命政権であり、広範な人民大衆を国家活動に参加させる最も民主的な国である事を象徴しています。

シン・ヨンイル:共和国の国号はまた、階級の敵には徹底的な独裁を実施し、労働者、農民をはじめ人民の皆には政治的自由と権利、幸福な物質文化生活を保障する、人民の国である事を象徴しています。

カン・ソンヒ:そうです。朝鮮人民は偉大な金日成主席の不滅の偉大な建国の業績を胸深く刻み、敬愛する最高指導者金正恩委員長の指導に忠実に従って、社会主義朝鮮の国号を一層輝かせて行くでしょう。

 
 
 

シン・ヨンイル:はい、いかがでしたか? 「朝鮮民主主義人民共和国」という国号の意味がお分かりになったでしょうか? 豆知識コンクールの答えのヒントとなると思いますので、どうぞよろしく。

カン・ソンヒ:ではリスナーの皆さん、次のこの時間にまたお会いしましょう。

(「朝鮮の声」郵便箱)

2018.07.13 サイト音声の聞き書き
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-14 (土) 15:51:58