朝鮮の国花木蘭

モンランは木蓮科に属する落葉高木です。朝鮮では一部の北部地帯を除く各地の山あい、山腹など湿った土地に育ちます。昔からシャクヤクと呼ばれ、朝鮮人民に好まれていました。

偉大な金日成主席はこんなに素晴らしい花の木をただシャクヤクと呼ぶのはどこか惜しい気がすると言って、木に咲く美しい花という意味で「モンラン」と名付けました。

普通、いくつかの幹が根元から生えて株をなし、まれではあるが、幹1本だけが生えて潅木のように育つこともあります。葉は互い違いについており、短い葉柄があります。長さ12~14センチメートル、幅5~10センチメートルで、大きいのは長さ25センチメートル、幅15センチメートルのもあります。葉は表が濃い緑色でつやつやしていますが、裏は灰色がかった緑色で、白い毛が稠密に生えています。葉肉はちょっと厚く、硬いほうです。

5~6月頃に、新しい枝の先に白色の香ばしい花がややたれ気味に、また横に向かって咲きます。花が満開になる時期は5月末から5月中旬までです。枝が生える次第に花が咲くので50~60日の間、花を見ることが出来ます。赤紫色のおしべは黄色のめしべの周りに生えます。花びらとおしべ、めしべの色が調和して、いっそう美しく見えます。

他に比べて花びらが真っ白く大きいモンランの花は形がとても美しく、独特な香りを漂わせるだけでなく、実がなり、生活力もあるので花の王者だと言えます。モンランの花は強く、気高く、素朴な感じがするので朝鮮人民の気概をそのまま込めているようです。

つやつやする広く大きい青葉の間に真っ白い花びらを広げている清らかな花、英知に富んだ強い民族の気概が映える朝鮮の国花モンランです。

(観光)

IKE180406020_001.jpg
2018年の記事
 

モンラン、大山蓮華は木蓮科に属する落葉低木または、高木です。朝鮮の一部の北部地帯を除き、各地の山間と山腹など湿った土地に育ちます。

モンランは花が美しくて幹と枝が太く、葉も特に大きいです。また、生活力もとても強く、昔から朝鮮人民に愛されて来ました。偉大な金日成主席はこれほど美しい花をただ「おおやまれんげ」と呼ぶのは、何か物足りなさそうな感じがするとし、木に咲く美しい花という意味で「モンラン」と名付けました。

高さは2メートルから5メートルで、いくつかの幹が根元から生えて株をなします。葉は互い違いについており、短い葉柄があります。長さは12~14センチメートル、幅は5~10センチメートルで、大きいものは長さ25センチメートル、幅15センチメートルになるものもあります。葉はやや太くて硬い感じがします。

5月から6月頃に新しい枝の先に大きくて芳しい真っ白な花が咲きます。普通、9~12枚の花びらがあります。花びらの長さは3.5~5センチメートル、幅は2.5~4センチメートルです。枝が生える順で花が咲くので1本の木で花が見られる期間は50~60日間にもなります。

1つの花は普通、1週間ほど咲きます。おしべは多く、赤紫色を帯びますが、黄色のめしべの周りについています。花びらとおしべ、めしべの色が調和して花がもっと美しく見えます。

モンランは単一品種で、どの地方に植えても花の形や大きさ、色が同じです。これは、朝鮮民族が同じ国土で同じ血筋を引き、同じ言葉と文化を持って長い歴史と燦爛たる文化を創造して来た単一民族だという点と同じです。

朝鮮にはモンランの花をテーマにした歌と詩、美術作品が多くあります。美しいばかりか、強く、気高く、素朴な感じがするモンランの花は朝鮮人民のたくましい気概と清らかな心をそのまま見せています。

それで朝鮮人民皆はモンランの花を愛し、丹精をこめて育てています。

(観光)

ike190408043_001.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-30 (木) 11:40:19