チョンウォルテボルム

チョンウォルテボルム*1は朝鮮人民が昔から楽しく過ごした伝統の祝日の1つです。日本で言う小正月です。

チョンウォルテボルムは普通、旧の1月14日から楽しみましたが、この日を「チャグンボルム」、つまり小さい小正月という意味です、そして翌日は「テボルム」、つまり、大きい小正月と呼びました。

チョンウォルテボルムになりますと、朝鮮人民は来る年の幸運と豊作を祈り、色々な催しを行いました。代表的なのは稲とキビ、粟などを竿につけて家々の庭に立てることでした。そして月見はチョンウォルテボルムの風物詩でした。月見は、裏山に登ってお盆のようにまん丸なお月様を見物することです。昔から一番先に月を見る人は、その年に幸運に恵まれると言います。それで、誰もが一番先に月を見ようと競って山に登りました。

チョンウォルテボルムの日には色々な伝統の食べ物もつくって食べましたが、五穀飯はこの日ならではのご馳走でした。また、9種類の干した菜でつくる料理、ヤクパブ*2、そして飴、ポクサムなども有名でした。五穀飯に入る穀物は地方と時代によって異なりましたが、大体、稲、キビ、粟、大豆、小豆が基本でした。ヤクパブはもち米のご飯に蜂蜜、ごま油、栗、なつめ、五葉松の実を入り混じって蒸しあげたご飯です。9種類の干した菜でつくる料理は、大根の葉、茸、ワラビ、ぜんまい、干したなすびなどで作った料理です。ポクサムは野菜の葉やのりなどでご飯を巻いて食べるもので、一部の地方では長寿を祈る意味で「ミョンサム」とも呼びました。

昔から人々は、この日に伝統の遊びを楽しみました。なかでも村人の団結力を示す綱引き、冬を越した害虫を燃やしてなくす遊び、子供の凧揚げ、風車はチョンウォルテボルムの雰囲気を大いに盛り上げました。

今も朝鮮人民は毎年、この小正月、チョンウォルテボルムを楽しんでいます。

(観光)

IKE180202026_001.jpg
IKE180202026_002.jpg
2018年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 小正月(정월대보름)
*2 薬食(ヤクシク)は朝鮮の菓子。薬飯(ヤクパプ)とも呼ばれる。蒸したもち米に焼き栗、ナツメ、ごま油、松の実、醤油、およびシナモンを混ぜ、さらに蒸し上げる。新羅時代、1月15日に烏が王(炤知麻立干)の弑害陰謀を知らせてくれたことから、毎年1月15日に烏に香ばしい飯を与えたが、これが薬食と言われる。現在も朝鮮では旧暦1月15日に薬食を食べる。(Wikipedia)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-02 (金) 21:18:50