伝統の祝日、小正月

小正月、旧の1月15日は、朝鮮人民が昔から楽しんできた民間伝承の祝日です。

ike210106039_001.jpg
ike210106039_002.jpg

社会科学院フォークロア研究所の研究者であるキム・ギョンイルさんは語ります。

「朝鮮の史書である『東国歳時記』には、小正月をお祭りとして楽しんできたと伝えています。祖先は、小正月、いわゆる正月の15夜をその前の日から祝いましたが、旧の1月14日は『小さい15夜』、15日は『大きい15夜』と呼びました。小正月の日に人々は、新年に幸運と豊作を祈る定例行事を行ったといいます。代表的なのは、家々に稲、キビ、粟などいろいろな穀物の穂を吊り下げて庭に立てたことです。特に小正月をユニークなものに飾るのは月見です」

小正月の料理としては、五穀飯、ヤクパプ*1と言う薬の飯、9つの干し菜のおかず、飴、そしてポクサムと言って、乾かしたしらやまぎく、海苔のご飯包みが有名でした。すごろくに似ているユッ遊び*2とチャンギという朝鮮の将棋などは、祝日ムードを一層醸し出しました。綱引きと子供たちの凧揚げはその日の絶頂をなしました。

ike210106039_003.jpg
ike210106039_004.jpg
ike210106039_005.jpg

(2019年以前 撮影)

古い歴史を誇る小正月の慣わしは、民族の香りを濃く漂わせ、今に引き継がれています。

今年の小正月は2月26日、ちなみに朝鮮語では小正月をチョンウォルテボルム*3と言います。

(観光)

2021.02.25の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 薬食(ヤクシク)は朝鮮の菓子。薬飯(ヤクパプ)とも呼ばれる。蒸したもち米に焼き栗、ナツメ、ごま油、松の実、醤油、およびシナモンを混ぜ、さらに蒸し上げる。新羅時代、1月15日に烏が王(炤知麻立干)の弑害陰謀を知らせてくれたことから、毎年1月15日に烏に香ばしい飯を与えたが、これが薬食と言われる。現在も朝鮮では旧暦1月15日に薬食を食べる。(Wikipedia)
*2 ユッノリ、ユンノリ(윷놀이)
*3 小正月(정월대보름)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-26 (金) 19:15:20