伝統の祝日、小正月

小正月、旧の1月15日は、朝鮮人民が昔から楽しんできた民間伝承の祝日です。

ike210106039_001.jpg
ike210106039_002.jpg

社会科学院フォークロア研究所の研究者であるキム・ギョンイルさんは語ります。

「朝鮮の史書である『東国歳時記』には、小正月をお祭りとして楽しんできたと伝えています。祖先は、小正月、いわゆる正月の15夜をその前の日から祝いましたが、旧の1月14日は『小さい15夜』、15日は『大きい15夜』と呼びました。小正月の日に人々は、新年に幸運と豊作を祈る定例行事を行ったといいます。代表的なのは、家々に稲、キビ、粟などいろいろな穀物の穂を吊り下げて庭に立てたことです。特に小正月をユニークなものに飾るのは月見です」

小正月の料理としては、五穀飯*1、ヤクパプ*2と言う薬の飯、9つの干し菜のおかず、飴、そしてポクサムと言って、乾かしたしらやまぎく、海苔のご飯包みが有名でした。すごろくに似ているユッ遊び*3とチャンギという朝鮮の将棋などは、祝日ムードを一層醸し出しました。綱引きと子供たちの凧揚げはその日の絶頂をなしました。

ike210106039_003.jpg
ike210106039_004.jpg
ike210106039_005.jpg

(2019年以前 撮影)

古い歴史を誇る小正月の慣わしは、民族の香りを濃く漂わせ、今に引き継がれています。

今年の小正月は2月26日、ちなみに朝鮮語では小正月をチョンウォルテボルム*4と言います。

(観光)

2021.02.25の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 ●「香ばしい五穀飯」 朝鮮人には、毎年小正月が訪れると必ず五穀飯(五穀を混ぜてつくったご飯)をご馳走としてつくり、食べる風習があった。五穀飯は五種類の穀物でつくったご飯であるが、「五穀ザプパプ」とも呼んできた。五穀についての見方は地方別に少し異なっていたが、大体イネ、アワ、モロコシ、ダイズ、アズキが数えられた。「林園十六志」ではイネ、アワ、モロコシ、キビ、アズキを、「閨閤叢書」ではモチイネ、アワ、モロコシ、ダイズ、アズキを、「世宗実録地理志」ではイネ、ダイズ、キビ、オオムギ、ヒエなどを挙げている。これは特定の穀物を指定したことではなく、当該地域で産する五種の穀物を示すということを物語っている。五穀飯の歴史は非常に長い。古代の南京遺跡からイネ、アワ、モロコシ、キビ、ダイズなどの五穀が出土し、三国時代の記録に五穀豊穣という話が多く記され、「東国歳時記」には「小正月に五穀飯をつくって食べるが、昔からの風俗である」という記録もある。数千年前から農業に従事してきた朝鮮人民はご飯を主食にしたが、一つの穀物だけでなく各種の穀物を混ぜてご飯をつくった。小正月に五穀飯を食べるのは、人々が苦労して栽培した穀物を祝日を契機にまんべんなく味わうとし、五穀が人間の体によいということから生まれた風習である。この風習にはまた、新年にも五穀がよく実って豊作をもたらし、五福があるようにと祈る人々の素朴な願いが込められている。五穀飯は今日、祝日だけでなく平日にも好んで食べる料理となっている。(Naenara 2021.09.24) ●小正月の特別食―五穀飯 わが民族の飲食物の中には、香ばしくて栄養価の高い五穀飯(五穀で炊いた飯)というものもある。社会科学院民俗学研究所の研究者ムン・ジョンスンさんは、文字通り五つの種類の穀物を混ぜて炊いた五穀飯を「オゴッチャッパブ(五穀雑飯)」とも呼んだと述べ、次のように語った。飯を主食とするわが人民の食生活で、五穀飯が特色ある食品の一つになってきた歴史はとても長い。朝鮮半島地域では、7500年前から粟と稲、大豆などの穀物作物が広く栽培されたし、わが民族は飯も一つの穀物だけでなく、いろいろな穀物で多様に炊いて食べた。五穀飯は、タンパク質と油、ビタミンをはじめ栄養成分が等しく含まれているので、人々の健康によく、その味が香ばしいのが特徴である。このような五穀飯をわが人民は普段の日にも食べたが、特に小正月に特別食として食べた。これは、新年にも全ての穀物がうまく実って豊作をもたらすことを望む願いから生じた風習である。小正月に隣近所の人々が互いに自分の家の五穀飯を勧め、複数の家の飯を味わうこと、そして焼いたノリやオタカラコウなどの菜に包んで食べる風習はこんにちまで継がれている。普通江百貨店、光復地区商業中心をはじめ、首都の商業サービス単位で今年の小正月(2月15日)を契機に、家族に五穀飯をもてなすために五穀を購入する女性が見られる。2022年【平壌2月14日発 朝鮮中央通信】
*2 薬食(ヤクシク)は朝鮮の菓子。薬飯(ヤクパプ)とも呼ばれる。蒸したもち米に焼き栗、ナツメ、ごま油、松の実、醤油、およびシナモンを混ぜ、さらに蒸し上げる。新羅時代、1月15日に烏が王(炤知麻立干)の弑害陰謀を知らせてくれたことから、毎年1月15日に烏に香ばしい飯を与えたが、これが薬食と言われる。現在も朝鮮では旧暦1月15日に薬食を食べる。(Wikipedia)
*3 ユッノリ、ユンノリ(윷놀이)
*4 小正月(정월대보름)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-26 (金) 19:15:20