月見の慣わし

朝鮮人民の伝統の祝日には小正月もあります。朝鮮語でチョンウォルテボルム*1と言いますが、旧の1月15日、つまり今年のチョンウォルテボルムは西暦で2月8日に当たります。

この日に人々はいろいろな伝統の遊びに興じますが、その中でピークをなすのは月見でした。人々は、昇る満月を眺めながら自分の願いを呟きました。チョンウォルテボルムの満月を先に見た人は、その年に良いことがあるといいました。

チョンガー*2には満月のように顔が明るく真ん丸い娘が当たり、子に恵まれずにいた夫婦にはぶくぶくした男の子が生まれると言いました。満月を眺め、人々は、月の色と位置などから、その年の農作について話し合いもしました。

チョンウォルテボルムの月見を一番楽しんだのは子供たちでした。子供たちは追いかけっこをしながら月見の場所に昇り、満月を見ながら歌も歌いました。

チョンウォルテボルムの日の伝統の月見の慣わしは今に引き継がれています。

(観光)

ike200114025_001.jpg
ike200114025_002.jpg
2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 小正月(정월대보름)
*2 1.日本におけるモダン語の一つで、未成年者や独身男を意味する。朝鮮語からの借用語。大韓帝国においては、未婚者はチョンガーと呼ばれ、非常に軽蔑されていた。 2.総角の朝鮮語読み。「チョンガッ」「チョンガク」(총각、chong-gak)とも表記される。昔の 朝鮮で未婚の男性が結っていた髪型で、1.の語源だとする説がある。 3.韓国の大根の一品種。名前の由来はその形状が2.によく似ているからとされる。チョンガーキムチ*3(Wikipedia)
*3 チョンガキムチ(총각김치):チョンガ大根(小型の大根)のキムチ。チョンガクキムチ、チョンガーキムチとも。(Wikipedia)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-07 (金) 19:03:30