不世出の愛国者

国の解放を成し遂げる

チュチェ34(1945)年8月15日、朝鮮人民は40数年にわたる日帝の植民地支配にピリオドを打ち、国の解放の歴史的偉業を成し遂げました。解放の日、朝鮮人民は、「民族の太陽金日成将軍万歳!」、「祖国解放万歳!」を声を限りに叫びました。

国の解放、それは不世出の愛国者で、抗日の伝説的英雄である偉大な金日成主席が20年にわたる抗日の血戦万里をかき分けてもたらした最大の業績です。金日成主席は抗日革命闘争の時、反動軍閥に逮捕されて冷たい獄中生活を強いられ、重病にかかった母親のカン・バンソク女史を後にして涙の中、戦いの道に出かけるといった胸をえぐるような悲しみもなめました。

また傷寒に苦しみながらも奪われた国と民族を先に思い、一句一句、戦いの歌を作った中国の天橋嶺というところの吹雪の道も、100日余りの血みどろの「苦難の行軍」と大事な戦友をなくして涙の中、追悼の文を書いた夜も記されています。

金日成総合大学歴史学部の研究者、教授、博士ファン・シンリュルさんのお話です。

「金日成主席は20年にわたる抗日の血戦を乗り越えて日帝に奪われた国を取り戻しました。主席が国を解放したので世界で光を失っていた朝鮮は自主独立国として名を馳せ、朝鮮人民は世界で最も尊厳ある人民になりました」

まさに、国の解放は金日成主席が艱難辛苦の中、もたらした歴史的出来事でした。

人民の思い

国の解放の日を迎える朝鮮人民は偉大な金日成主席への偲ぶ思いでいっぱいです。

主席が生前の姿で安置されたクムスサン太陽宮殿を訪れる人誰もが、国の解放の日を迎えてみると、主席が歩んで来た抗日の血みどろの日々のことが思い起こされる、主席が奪われた国を取り戻したので、朝鮮人民は最も尊厳あり、誇り高い人民となった、金日成主席は正に不世出の愛国者、国の解放の偉大な恩人だと言いました。

国なき民の悲しみに暮れていた朝鮮人民、それで主席による国の解放の日を迎えて、喜びの余り、一日中、踊りを踊り、感激の涙を流した朝鮮人民です。血を持って取り戻した国がとても大事なので朝鮮人民はアメリカの侵略に反対する祖国解放戦争で集団的英雄主義を発揮し、今も革命の銃を握り締めて祖国防衛に身も心も捧げているのです。

国の解放の恩人である金日成主席を偲ぶ人民。

ヤンドク*1というところの農場の青年分組員、テホンダン*2に進出した除隊軍人、そしてミゴク*3という農場の人たちとカンソンの炉周り工など国中の人誰もがクムスサン太陽宮殿を訪れています。

歳月がたっても国を取り戻した主席を偲ぶ人民の思いは募るばかりです。

主席の名で輝く朝鮮

国の解放後、朝鮮革命は輝かしい歴史を記しました。ペクトゥ山の偉人たちの導きの下、朝鮮の軍隊と人民は革命の各年代に勝利を収めました。

金日成総合大学歴史学部の研究者、教授、博士ファン・シンリュルさんのお話です。

「今、朝鮮は人工衛星製作および打ち上げ国、不抜の核保有国としてその名を馳せています。日増しに姿を変えている共和国のこの誇らしい現実は、全て8月15日の国の解放の日あってこその歴史的出来事です。主席がもたらしたこの解放の日がなかったなら、誇りに満ちた栄えある時代の今もなかったでしょう」

勝利の歴史、変革の歴史は今も続いています。敬愛する最高指導者金正恩元帥の革命指導は主席が取り戻し、偉大な金正日総書記が輝かせた共和国を固く守り、朝鮮人民の尊厳をとどろかせる源です。金正恩元帥の導きに忠実に従って血を持って取り戻した共和国を更に富強な国にしよう、これが朝鮮人民の思いです。

「主席と総書記の意にのっとり、銃を持って最高司令官金正恩元帥を命がけで守るでしょう。銃を握って共和国の尊厳と自主権を守るでしょう」

「常に主席と総書記に喜んでいただく思いで仕事に頑張っています。金正恩元帥に従って共和国を更に輝かせていくつもりです」

これが国の解放の日を迎える朝鮮の軍隊と人民みなの胸の中に宿る衷情の一念です。金正恩元帥がいて、朝鮮は金日成主席と金正日総書記の国としていついつまでも栄えるでしょう。

IKE170708005_006.jpg
IKE170708005_008.jpg
IKE170708005_009.jpg
2017年の記事
 

一生涯、国と人民のために尽くした偉大な金正日総書記へのしのぶ思いが募るばかりの12月。金正日総書記が亡くなったこの12月ともなりますと、朝鮮人民は愛国で輝く総書記の一生を熱く思い起こしています。

愛国に燃える偉人の誓い

金正日総書記は革命を始めた当初から朝鮮革命を責任持つ主人になる誓いを立て、社会主義の国を守り、輝かせるため全てを尽くし、生涯を閉じるまで国と人民のための愛国献身の道を歩みました。

チュチェ49(1960)年9月1日、金日成総合大学のキャンパスにあるリョンナム山*4に登った総書記は朝鮮革命を責任持つ主人になって、金日成主席の偉業を代を継いで完成するのは時代と革命、国と人民に対し担っている崇高な義務だと言いました。そして偉大な太陽の国、朝鮮をあくまで輝かそう、これが私のゆるぎない信念で、意志だと言いました。

朝鮮を輝かそう!

不世出の愛国者のみが国と民族のための偉大な誓いを立てることができます。清らかでまじめな人民が住む朝鮮は富強で強力な国として世界に名をはせるべきだと言うのが総書記の決心であり、意志でもありました。

偉人の誓いは歳月が経つほどその意味が浮き彫りにされるものです。総書記は革命を導く全期間、党活動はもとより、政治、軍事、経済、文化、外交など各分野で変革を遂げ、富強な国づくりの高揚期を開きました。

献身で貫かれた先軍の道

-偉大な金正日総書記は先軍の偉業で朝鮮を守り、輝かせました。それについてお話したいと思いますが。

-はい、いつでしたか、金正日総書記は苦難の行軍と呼ばれた1990年代の朝鮮がもっとも苦しかった時を思い起こし、私は金日成主席の遺産である社会主義をあくまで守るため、年に数十回もチョル峰*5と1211高地、オソン山*6の崖道を超え、前線視察を続けたと言いました。

-その時の総書記の話が今も朝鮮人民の胸を強く打っていますね。総書記は苦難の行軍の全期間、私は金日成主席が大事にした人民、主席が譲り渡した朝鮮を守らなければならないと言う覚悟、国と人民のためなら何もためらわないと言う決死の意志を持って生きてきたと話しました。誰が最後に笑うのか、われわれは必ず勝利する、これが総書記の信念で、意志でした。

-その通りです。金正日総書記は人民軍部隊を訪れて国中の峰と山はほとんど登ってみた、夜明けにも、夜更けにも、また雪の日、雨の日かまわず人民軍部隊を訪れた、最高司令部はいつも前線に位置していたと言いました。

-はい、長いこと着ていたので薄くなった綿入れで酷寒を乗り越え、質素なジャンパーの襟を汗で濡らしながら人民軍部隊を訪ねて、兵士たちを一当百の勇士に育てた総書記でした。暗闇に包まれた険しい山々を乗り越え、静かな夜明けも前線への視察を続けた総書記の献身の道程は計り知れないものです。総書記の導きは人民軍が軍事強国の柱、国の繁栄の前衛部隊となって国の尊厳と威容をとどろかせた原動力でした。その許で社会主義強国建設の早道が開かれ、民族万代の繁栄の土台が築かれました。

「金正日総書記は強国建設の早道を開いた不世出の愛国者」

ピョンヤン326電線工場の主任技師補佐キム・サングクさんのお話です。

「金正日総書記は社会主義強国建設の勝利の大道を開いた不世出の愛国者でした。万難を排して強国に建てるべきだと言う不世出の偉人の信念と献身の精神があって、朝鮮人民は苦難の千里を幸福の万里に引き繋がせ、不抜の強国づくりのしっかりした跳躍台を築きました。宇宙へと打ち上げられた人工衛星、国中に雨後の筍のように建てられた多くの創造物、新世紀の産業革命などなど。総書記が国と人民に尽くして成した不滅の業績の中に326電線工場の移り変わりの歴史も秘められています。工場を訪れた総書記は苦難の行軍の時も困難にめげず、粘り強く取り掛かって自力で設備を改造し、現代化して生産を成長させ、工場を一新させたと言いました。そして工場に来て見て心が強くなり、自信がついた、と言いました。実際のことを言って、工場の移り変わりもそうですし、この地で達成された誇らしい成果の全ては、総書記の苦労と取り替えたものであり、総書記が撒いた種から芽生え、実を結んだものでした。朝鮮人民はいつどこでも大事なこの国と人民のために生涯のすべてを捧げた不世出の愛国者、大きな革命実践で時代と革命に不滅の業績を残した高潔で剛毅な指導者の革命的生涯をいついつまでも忘れないでしょう」

(偉人伝)

IKE181108003_121.jpg
IKE181108003_125.jpg
IKE181108003_210.jpg
2018年の記事
 
ジャンパーいつもジャンパー姿で偉人のジャンパー先軍の指導者を称える歌先軍の旗を高く掲げ国が捧げた大元帥の称号金メッキの食器セットとネクタイ
平壌326電線総合工場その導きは電線工場にも科学技術の重視と生産時間を惜しんで誰もが学ぶ自力更生、刻苦奮闘の革命精神を発揮して信頼あってこそのもの生産を大幅に増やす青春の気迫と情熱をもって全人民科学技術人材化宝のような娘自らの技術力に頼って喜びいっぱいの労働生活労働生活がそのまま歌に
革命的党建設に尽くして成した不滅の業績「自力更生の革命精神が生んだ輝かしい実り」
 

朝鮮人民は偉大な金正日総書記の誕生日の2月16日を民族一番の祝日、光明星節として記念しています。この日を迎える朝鮮人民は国の歴史に永遠に輝く不滅の業績を残した金正日総書記の一生を感慨深く思い起こしています。

アムノク川*7の岸辺より南の海の果てまで
人民は歌う親しい名
朝鮮の運命担った金正日同志
千万年従い 永久にいただく

朝鮮革命を代を継いで完成することを一生の使命とし、社会主義偉業の勝利のためにすべてを尽くした総書記でした。

社会科学院の研究室主任、教授、博士リ・ジョンイクさんはこう語ります。

「1990年代、旧ソ連をはじめ東欧社会主義諸国の崩壊という悲劇が生じました。これを受け、反動勢力は資本主義が『勝利』し、社会主義が『終わり』を告げたかのように社会主義崩壊説まで流しました。まさにこうした時、金正日総書記は『社会主義に対する誹謗は許されない』、『社会主義は科学である』などの不朽の著作を発表して、社会の発展の必然の結果としての社会主義の勝利とその優越性をチュチェの原理に基づいて完璧に論証しました。そして自主的な近衛兵として生きるのか、さもなければ帝国主義の奴隷になるかという厳しい時に先軍の旗を高く掲げ、社会主義朝鮮を固く守りました」

金正日総書記は国の繁栄と人民の幸せのために生涯のすべてを尽くしました。国の事情がとても苦しかった時、総書記は国庫の全部だとも言える貴い資金をCNC化、コンピュータ数値制御化にまわしました。それはピカピカする他国の機械を買ってくるより、国の経済を発展させて共和国を世界の頂上に堂々と押し上げようとの総書記の愛国の意志による大勇断、最高の選択肢でした。

総書記のエネルギッシュな指導により、国のいたる所では新世紀の産業革命の炎が燃え上がり、朝鮮人民は自強力で進むことができました。共和国のある詩人はいくらにもならない資金でコンピュータ数値制御化の機械工業を開拓する時の総書記の心中をこう謳いあげました。

楽しいCNCの歌が場内に響いている
皆が肩をうきうきし、笑顔を絶やさない
でもその中のただ1人
金正日総書記は目頭を押さえている
・・・
誰も知る由がない
血筋を分かち合う戦士の名のように
生死を共にする戦友の名のように
CNCを口ずさんではまた口ずさむ
涙ぐましい追憶の数々
辛酸を嘗め尽くした肩の重荷を

稼動を停止した工場と灯りのついてない村を見て
国と民族の運命のことで
心の中から血が流れるよう
その痛さを痛感した総書記だけが
あらゆる困難を乗り切った総書記だけが
もたらすことのできる、思い出多い肩の重荷

私は人民の幸せに喜びを見出している、人民が幸せに暮らせるならどんなこともいとわないと言っていた総書記でした。今、朝鮮人民が享受する幸せは総書記の献身によるものなので、何か嬉しいことや願いがあれば、先ず総書記に話したい、誰もがそう思っています。

IKE190114016_007.jpg

キムチェク工業総合大学の研究室主任、博士、助教授チョン・イルチョルさんはこう話しています。

「毎年、光明星節を迎える2月ともなりますと、朝鮮人民誰もがそうでしょうが、私もやはり総書記が偲ばれてなりません。3回も総書記に会った私なのでなおさらのことです。その時のことを思うと科学者たちを信頼し、押し立ててくれた総書記の優しい姿が思い浮かび、胸が熱くなります。その信頼と配慮が科学研究では飛躍の源となり、研究チームも国の現実に合うようアクリル酸合成工程の自動化システムの確立など十余りのプロジェクトの近代化にこぎつけるようになったのではないでしょうか。そして科学者の私も英雄の称号を授かりました。本当に総書記への偲ぶ思いが募るばかりです」

今も金正日総書記が生前の姿で安置されたクムスサン太陽宮殿を多くの人々が訪ねています。

光明星節を迎えて朝鮮では総書記への偲ぶ思いがテーマである芸術公演が多く披露され、不滅の花金正日花で埋め尽くされた金正日花祭典は偲ぶ思いを一層募らせるでしょう。

偉大な金正日総書記は今日も明日も永遠に朝鮮人民の心の中に生きるでしょう。

光恵む太陽の
ほほえみ世界中に
注いだ熱きその愛は
永久なる歌となり
将軍はいつもそばにいる
永遠の太陽

(偉人伝)

IKE190114016_005.jpg
IKE190114016_006.jpg
IKE190114016_010.jpg
IKE190114016_111.jpg
2019年の記事
 
 

2月16日は、偉大な金正日国防委員長の誕生80周年になる民族一番の祝日、光明星節です。2月16日があって朝鮮人民は代を継いで指導者に恵まれ、共和国の歴史は奇跡と繁栄で綴られました。

ペクトゥ山そびえて待ち望んだ恩人
天池の水流れて迎えた恩人
太陽民族の運命包み入れて
一心団結の大家庭花咲かせた
不世出の愛国者金正日将軍

不世出の愛国者金正日国防委員長を称えて朝鮮人民誰もがこの歌を歌っています。大事な国と人民のために一生涯を尽くした国防委員長の業績が人民の称賛の声にそのまま込められています。

共和国は国防委員長が捧げる愛情そのものでした。国の繁栄のために寸秒を惜しんで奮闘しなければならない、一秒が一時間になって欲しいと言って、日曜日と祝日はもとより、誕生日にも現地指導の道にいた国防委員長でした。二つや三つの仕事を同時にし、うたた寝で一日の休みを済ました国防委員長の毎日は文字通り、普通の人の10日、100日と同じでした。

朝鮮革命博物館の解説係であるリ・スリムさんのお話です。

「いつでしたか、金正日国防委員長は周りの人たちに、私は幼い時から仕事をさせる人でなく、仕事をする人になりたかった、そのためか、今も仕事がたくさんたまれば気になるのでなく、満足感を覚えると言いました。そして仕事がたくさんたまるというのはどんなに良いことか、他人が一歩進む時、われわれは十歩、百歩進まなければならないと言った金日成主席の頼みを守るためには、皆がもっと励まなければならない、私はひたすら人民のために、主席の頼み通り、一生涯仕事に没頭すると言いました」

われわれの歩みが一歩遅れれば、それだけ国の前進が遅れる、天気を見て安易な暮らしをすることはできないと言って、現地指導を続けた国防委員長でした。このようにして続いた延べ66万9844キロメートルの道程でした。地球を17周したも同じ道でした。

・・・
あ、国中の津々浦々を
一つの血筋で引き継がせ
国防委員長が歩み続ける
果てしない現地指導の道よ
果てしない前線視察の道よ
・・・
血筋のように伸びたその道
人民がいて兵士がいる所
いずこにも伸びている

国防委員長も人間で、誰よりも家族と生活を重んじました。しかしそれら全てを後に回して、ひたすら国の繁栄のために生涯のすべてを尽くしました。国の尊厳と自主権を守って国防委員長が掻き分けた道は、文字通り決死の覚悟で続いた道でした。敵軍の銃口を指呼の間で望める最前線部隊とオソン山*6の崖道、荒波掻き分けたチョ島*8への船路など、その道があって朝鮮の社会主義は固く守られ、栄える国づくりの万年の土台がしっかりと築かれました。

純国産の人工衛星の製作と2回の打ち上げ、大規模な耕地整理と自然に流れる方式の農業用水路工事、国中を森のように、公園のようにつくるプロジェクト、大規模及び中小型発電所の建設、人民生活の向上に役立つモデル工場と屈指の果樹栽培農場の建設、新築された人民の景勝地など。国防委員長にとってこの国はすなわち大事な人民そのもので、人民のための道は愛国の道でした。

この地歩き続け あった人思い
他の国行っても人民恋しがる
雨や雪の日も笑顔絶やさない
将軍の心には人民のことばかり

国防委員長にとって一番の幸せと栄光は人民の幸せのために生きることでした。今、朝鮮人民が営む幸せのすべては国防委員長の貴い人生に替えたものです。それで人民は、広い海のようで高い空のような国防委員長の一生を綴るのは人民だけだと高らかに歌っています。

ひたすら国の繁栄のために一生涯を尽くした不世出の愛国者、金正日国防委員長は朝鮮人民の心の中に太陽の姿で生き続けています。

(フィーチャー)

ike220119003_007.jpg
ike220119003_008.jpg
ike220119003_009.jpg
ike220119003_001.jpg
ike220119003_004.jpg
ike220119003_002.jpg
ike220119003_005.jpg
ike220119003_000.jpg
2022.02.16の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1  陽徳(양덕)
*2  大紅湍(대홍단)
*3  嵋谷(미곡)
*4  龍南山(룡남산)
*5  鉄嶺(철령)
*6  五聖山(오성산)
*7  鴨緑江(압록강)
*8  椒島(초도)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-02-17 (木) 21:01:46