許浚と「東医宝鑑」

ホ・ジュンは16世紀末から17世紀初頭まで活躍した朝鮮の医学者です。ホ・ジュンは20代に医科試験に合格し、30代には内医院の医師を勤めました。内医院では王宮で使う薬を作りました。

ここでホ・ジュンは優れた医術を持っているので国王の主治医になり、それがその後30年余りも続きました。ホ・ジュンは一生を通して何巻もの医書を出していますが、代表的なのが「東医宝鑑」です。

社会科学院歴史研究所の研究者ファン・グムソクさんのお話です。

「当時、医学者として名を馳せていたホ・ジュンは豊かな臨床経験と数百巻の医学書を参考にして、『東医宝鑑』を完成させました。1596年から1610年まで10年余りもかけて編纂した『東医宝鑑』は1613年に出版されました。『東医宝鑑』は当時のコリョ医学の発展に大きな役割を果たしただけでなく、今なおその科学的な内容とコリョ治療での実用的意義により高く評価されています」

「東医宝鑑」を作るとき、ホ・ジュンは1592年から1598年まで、豊臣軍の侵略を退ける壬辰祖国戦争の困難な時期を経験しました。しかし著述活動は一瞬も中止したことがなく、全力を尽くして「東医宝鑑」を完成させました。「東医宝鑑」は全25巻の医学全書でその内容が科学的で豊富です。内経と外形、病気、湯液、針灸の5つの編に分けられています。

独特なのは、周辺で手易く取れる薬の材料を利用して一般的な治療は自分自身でやって病気の予防が可能になるよう書かれていることです。そして収められた各処方の出典を明らかにして処方の科学性を裏付けていることです。

「東医宝鑑」は簡潔で、分かりやすく、体系と内容の構成も完璧で、当時、隣国にも広く知られていました。「東医宝鑑」は「医方類聚」と「郷薬集成方」と共に朝鮮の3大医学古典として、今に伝えられています。

2015年の記事
 

ホ・ジュンは16世紀末から17世紀初頭まで活躍した朝鮮の医学者です。ホ・ジュンは20代に医科試験に合格し、30代には内医院の医師を勤めました。内医院では王宮で使う薬を作りました。

ここでホ・ジュンは優れた医術を持っていることで国王の主治医となり、それがその後30年余りも続きました。ホ・ジュンは一生を通して何巻もの医書を出していますが、代表的なのが「東医宝鑑」です。

社会科学院のフォークロア研究所の研究者キム・グァンジョさんのお話です。

「当時、医学者として名を馳せていたホ・ジュンは豊かな臨床経験と数百巻の医学書を参考にして、『東医宝鑑』を完成しました。1596年から1610年まで10年余りもかけて編纂した『東医宝鑑』は1613年に出版されました。『東医宝鑑』は当時のコリョ医学の発展で大きな役割を果たしただけでなく、今なおその科学的な内容とコリョ治療での実用的意義により高く評価されています」

「東医宝鑑」を作るとき、ホ・ジュンは1592年から1598年まで、豊臣軍の侵略を退ける壬辰祖国戦争の困難な時期を経験しました。しかし片時も著述を止めたことがなく、全力を尽くして「東医宝鑑」を完成しました。「東医宝鑑」は全25巻の医学全書で、その内容が科学的で豊富なのが特徴です。内経と外形、病気、湯液、針灸の5つの編に分けられています。

独特なのは周辺で手易く取れる薬の材料で、一般的な治療は自分自身でやって病気の予防が可能になるよう書かれていることです。そして収められた各処方の出典を明らかにして、処方が科学的であることを裏付けています。

「東医宝鑑」は簡潔で、分かりやすく、体系と内容の構成も完璧で、当時、隣国にも広く知られていました。「東医宝鑑」は、「医方類聚」と「郷薬集成方」と共に朝鮮の3大医学古典として、今に伝えられています。

(観光)

IKE180906026_001.jpg
2018年の記事
 

ホ・ジュンは1546年から1615年まで活躍した朝鮮の医学者です。ホ・ジュンは20代に医科試験に合格し、30代には内医院の医師を勤めました。内医院では王宮で使う薬を作っていました。その後、ホ・ジュンは国王の主治医となり、それは33年も続きました。

ホ・ジュンは一生を通して何巻もの医書を出していますが、代表格として「東医宝鑑」を上げられます。

社会科学院民族古典研究所の研究室主任リ・チュンソプさんのお話です。

「ホ・ジュンが長い臨床経験と国内外の数百巻の医学書を参考にして、1596年から1610年まで編纂した『東医宝鑑』は1613年に出版されました。数千年にわたる民族の生活風習と体の構造に応じて発展させた治療法と各処方が書かれている『東医宝鑑』は、長い間、朝鮮人民の病気治療と健康増進に利用され、医学の百科全書として国内外に広く知られていました」

「東医宝鑑」は、目録2巻、内経編4巻、外形編4巻、病気編11巻、湯液編3巻、針灸編1巻、このように全25巻からなっています。

内経編では主に、五臓六腑の生理的機能とその病気について、外形編では体の表面に生じる病気と耳鼻咽喉科と眼科の病気について、病気編の1巻から9巻までは診察法と病気の原因、そして内経編と外形編にはない様々な内科的病気の症状と治療法、各処方について、病気編の10巻では婦人科について、11巻では子供の病気について述べられています。湯液編では当時、朝鮮でよく使われていた1400余りのコリョ薬の効能と適応症、その採集と加工の方法、産地まで教え、各コリョ薬の下には民間で呼ばれていた名前も書かれています。針灸編では針灸による治療法と針を打つ箇所、その適応症について述べられています。

「東医宝鑑」は当時、コリョ医学の発展で大きな役割を果たしました。

今もその科学的な内容とコリョ治療での実用的意義、文化史的価値が高く評価されています。

(観光)

ike200702023_001.jpg
2020年の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-12 (水) 17:30:54