金山浦地区の移り変わり

クムサンポ*1は、朝鮮西海岸の浦です。昔から鉱石が豊かに眠っているところの浦と言う意味でクムサンポ、金山浦と呼ばれました。その名にふさわしく、クムサンポ地区に鉄鉱石山地のウンリュル*2鉱山があります。この鉱山の捨石を運ぶため1970年代に大型長距離ベルトコンベヤーが海の真ん中へと設置されました。

このベルトコンベヤーによってこの数十年間、朝鮮西海の島々が防潮堤で結ばれて数千ヘクタールの干潟地が開墾され、クムサンポ地区は美しい景勝地に変わりました。陸地からヌングムと言う島までの4キロほどの区間は、海の真っ只中だった痕跡が完全に消え、色々な果物の木と花の木が生い茂る陸地の一部分となりました。

景観を誇るこのヌングム島の岸辺にクムサンポ塩辛加工工場とその運営のためのクムサンポ水産事業所が新築され、この一円の面貌がさらに一新しました。クムサンポ塩辛加工工場では原料の投入から始まり、全ての生産工程が機械化、オートメ化、ライン化し、統合生産システムも見事に構築され、大能力の坑道式貯蔵庫も作られています。無公害で、海洋生態学的にきれいなもってこいの場所にあるこの工場は風光に恵まれたヌングム島と完璧な調和が取れています。

クムサンポ水産事業所では大きな船を数十隻も舷側係留できる防波堤兼用の埠頭と護岸、陸揚げ場、船台、冷凍加工場はもとより、水産物の生産と漁労労働者の生活に必要な条件が一切揃っています。飛行場の滑走路を思わせ、広々と伸びた防波堤兼用の埠頭の裏側には温室も数棟建てられています。クムサンポ塩辛加工工場とクムサンポ水産事業所の電力は、周りの景色とマッチして建てられた数百キロワット能力の自然エネルギー発電所によってまかなわれています。

その他、住宅や託児所、幼稚園、小学校、サービス施設も見事に建てられ、一つの海岸都市を思わせます。今年1月、敬愛する最高指導者金正恩元帥は、クムサンポ塩辛加工工場とクムサンポ水産事業所を現地指導し、この地区がすっかり移り変わった、と言ってとても喜びました。

ここで工業的な方法で生産される各種の塩辛製品は、朝鮮人民の食生活の向上に大いに役立つでしょう。

IKE170303013_001.jpg
IKE170303013_002.jpg
IKE170303013_003.jpg
IKE170303013_004.jpg
IKE170303013_005.jpg
IKE170303013_006.jpg
2017年の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 金山浦(금산포)
*2 殷栗(은률)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-23 (日) 10:28:54