金山浦塩辛加工工場

朝鮮西海岸沿いにあるクムサンポ塩辛加工工場は、工業的な方法で塩辛を生産するシーフードの大規模な加工工場です。

3面が海に囲まれ、各種水産資源が豊富な朝鮮では、早くから塩辛文化が発達しました。塩辛は、魚貝類、魚の卵とはらわたを塩に漬けて味をつけた発酵食品です。独特な味と香りを持つ塩辛は、昔から人誰もが好んで食べた美味しく栄養価の高いおかずの1つです。

工場では、西海岸の魚の種類と特性に合ういろいろな美味しい塩辛を生産しています。アミ、イカナゴ、かたくちいわし、貝類の塩辛など、塩加減と辛口が違う塩辛が数十種もあります。

工場には、塩辛を工業的な方法で生産できる技術システムが確立しています。原料の準備とミックス、熟成、注入などの工程の機械化、オートメ化、ライン化と統合生産システムが円満に設けられています。また、容器の供給工程も申し分なく、能力大の坑道式貯蔵庫もあります。

工場では、塩辛の品質を満点に保証し、生産現場の衛生安全の管理にも力を入れています。そして、関連部門と緊密に連係して、塩辛の味を良くし、種類を増やすための研究にも深い関心を向けています。

工場のモットーは、人民の好評を受ける塩辛、朝鮮式の塩辛文化のさらなる発展に寄与できる商品を作ることです。

今、工場の労働者は、美味しく栄養価の高い塩辛の新製品を量産し、クムサンポ塩辛加工工場を代表できる独占指標を開発し、生産するために励んでいます。

(今日の朝鮮)

IKE180806027_001.jpg
IKE180806027_004.jpg
2018年の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-29 (土) 12:58:57