金山浦が伝える話

朝鮮の西海岸にクムサンポ*1と言うところがあります。クムサンという浦です。数年前、ここに朝鮮で始めて塩辛を工業的な方法で生産する近代的な加工工場とその原料を保障する水産事業所が建てられました。

塩辛は昔から朝鮮人民が好んで食べるおいしい食品で、栄養価の高い副食物です。工場で生産されているイカナゴ、カタクチイワシ、貝類、カキ、イカ、マテガイなど数十種の塩辛は独特な味と栄養学的効果によって好評を博しています。

近代的な塩辛加工工場とその運営に必要な水産事業所の建設を発案し、クムサンポ地区に敷地を定めたのは敬愛する最高指導者金正恩委員長でした。ここは公害が全くなく、海洋生態学的にもクリーンで塩辛の加工工場の敷地としてはうってつけの場所でした。

チュチェ104(2015)年3月のある日、現地に赴いた金正恩委員長は、見るほど素晴らしい場所だとし、近いうちに建てられるはずの工場の名を「クムサンポ塩辛加工工場」と付けてあげました。そして、全ての建設工事が申し分なく行われるよう具体的な方向付けをしました。

チュチェ107(2018)年8月、またもやクムサンポ塩辛加工工場を訪れた金正恩委員長は一種の魚で作れるものはなんでも作っているようだとし、食欲が出るよう包装も立派にし、形式も多様だ、塩からについて多くの研究をしたのが分かると高く評価しました。

製品の貯蔵庫に入ってはたくさん並べられている塩辛の加工品を明るい笑みのなか、眺め、本当に見ごたえのある素晴らしい眺めだ、人民の食生活の向上に少しでも足しになると思うと誇りを感じると熱く言いました。そして、クムサンポ塩辛加工工場は人民の食生活の向上のための西海の浦の宝庫も同じだと喜びました。

こうして、クムサンポは有名な塩辛の産地として知れ渡りました。

(今日の朝鮮)

ike200714015_001.jpg
ike200714015_002.jpg
ike200714015_003.jpg
ike200714015_004.jpg
ike200714015_005.jpg
2020年の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 金山浦(금산포)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-27 (木) 17:53:01