歴史に例のない「条約」の捏造

8月29日は日本帝国主義者が「韓日併合条約」を捏造して公布した時から108年になる日です。

乙巳5条約」、日本で言ういわゆる第2次日韓協約と「丁未7条約」、いわゆる第3次日韓協約の捏造で朝鮮封建国家の外交権と内政権を奪い取った日帝はこれに基づいて、朝鮮占領を完全に合法化するために、1910年8月22日、「韓日併合条約」を捏造しました。

この日、日帝は条約捏造の場所として定められたソウル一帯に、2600人あまりの兵力と300頭あまりの軍馬を集中させ、軍艦による「威嚇デモンストレーション」もするなど、戒厳状態を敷き、その一方で朝鮮の大臣を脅威、恐喝して8ヵ条からなる「韓日併合条約」を捏造しました。

この「条約」ならぬ条約で日帝は朝鮮の支配権を完全に、そして永遠に日本の王に譲りわたし、朝鮮を日本に「併合」すると言うことを規定しました。こうして名ばかりの朝鮮という国家の実体は完全になくなりました。

日帝は、朝鮮人民の激しい反日闘争を恐れて、「条約」を公布せず、8月29日にやっと日本の王の「勅令」として公布しました。軍事的脅威と恐喝で強盗さながらに捏造された「韓日併合条約」は、朝鮮封建国家の最高統治者であった皇帝スンジョンの批准もない詐欺文書です。

国際関係の歴史には条約の締結についてのいろいろな秘話が記録されていますが、日帝のように1つの民族、1つの国家を完全に無くそうと、武力による脅威と恐喝で「併合条約」を捏造したことはありません。

国際条約は締約国が自国と自民族の利益を保障し、他国との平等と互恵の原則で国際関係を発展させる目的で締結されるべきです。ところが日帝は国際法も眼中になく「併合条約」を捏造し、軍事的強権を発動して朝鮮を完全な植民地にしました。

日帝は古今東西に例のない最も野蛮な植民地支配で朝鮮民族に計り知れない不幸と苦痛、災難を強いました。日帝のため朝鮮人民に強いられた民族的災難と悲劇は、前代未聞のものとして歴史に印されました。

朝鮮人民は民族受難の歴史を永遠に忘れず、日本の過去の罪悪を必ず計算するでしょう。

(時事評論)

IKE180711020_001.jpg
2018年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-29 (水) 17:35:58