排水路で飼育するニジマス

敬愛する金正恩総書記がチュチェ107(2018)年7月14日、ソクマク・サーモン種苗場を訪れた時のことです。

排水路に架けられた小さな橋を渡っていた金正恩総書記はふと歩みを止めて橋の下の方へ視線を移しました。流れの速い排水路にはニジマスが群がっていました。魚の群れをじっと見つめていた総書記はどうしてニジマスがここにいるのか尋ねました。

種苗場の人はサーモンの個体数が増えて、やむを得ず、ニジマスを排水路で飼育していると言いました。総書記は大きく笑い、ほんとうに珍しい、高級魚類のニジマスを排水路で飼育するのは初めて見る、ニジマスが排水路に「居候」するのはこの種苗場でしか見られない珍しい風景だと喜んで言いました。

昔から石小屋が多く、人の住めない奥まった谷間だと言って石幕、ソクマクと呼ばれたここでサーモンの養殖が始まったのは10年前のことでした。砂埃だけが散っていたところが大規模なサーモンの種苗場に打って変わり、池ごとサーモンが群れを成し、排水路にまでニジマスが群がる風景が広がりました。

「居候」するニジマス!

正に、種苗場の移り変わりを明快に表した通俗的な言葉でした。

(今日の朝鮮)

ike210210038_002.jpg
ike210210038_003.jpg
2021.03.09の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-10 (水) 20:43:48