実際お陰を被るようにすべきだ

朝鮮では農産と畜産、水産、これを3本柱として人民の食生活の改善を図っています。敬愛する金正恩総書記は、畜産業を発展させて人民が実際お陰をこうむるようにしようとしています。金正恩総書記はセポ台地を開墾して、大規模な畜産地区に建設するようにしました。

チュチェ101(2012)年12月に着工してから、セポ台地の畜産地区の建設は党と社会を挙げての運動として力強く進められました。この日々、金正恩総書記は建設のはかどり具合を随時把握して、貴重なことを教え、運輸機材と畜産業の発展の世界的なトレンドの本も送りました。そして、チュチェ104(2015)年1月28日に、「セポ地区畜産基地の建設を推進し、畜産業の発展に新たな転換をもたらそう」という不朽の著作で、畜産業の発展の方向と方途を示しました。

チュチェ106(2017)年10月、セポ台地は統合生産システムと家畜防疫システムが確立した畜舎と家畜防疫施設、畜産物の加工施設を整えた大規模な畜産地区に変わりました。金正恩総書記は、人民に食肉と卵、乳製品をふんだんに供給しようと、多くの畜産施設を訪れました。

チュチェ109(2020)年7月、総書記は建設中のクァンチョン養鶏工場を訪れました。朝鮮の家禽部門のモデル、標準として人民の食生活問題の解決に実質的に役立つこの養鶏工場の建設に総書記は大きく期待していました。それで総書記は、近代的な設備を揃えるのだから、それにあわせて建築工事の質を徹底的に保つこと、飼料を供給する農場を立派につくり、工場の先進的な設備の操作に熟達した技術者を先を見通して養成することなどを詳しく教えました。

何ごとにつけ、人民が実際お陰を被るようにすべきだという金正恩総書記の崇高な意志にのっとり、国のいたるところに建てられた畜産施設では食肉と卵、乳製品の産量を増やしています。

(今日の朝鮮)

ike211213003_001.jpg
ike211213003_002.jpg
ike211213003_003.jpg
ike211213003_004.jpg
ike211213003_005.jpg
ike211213003_006.jpg
2022.01.14の記事
光川養鶏工場猛暑もいとわず訪れる


洗浦地区セポ台地の移り変わりリョンジョン里の移り変わり美しい牧草地自然を改造する農業用水路を建設する誇り日増しに進んでいるセポ地区畜産基地の建設牧草地に満ち溢れる楽観



TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-01-15 (土) 18:30:39