日増しに進んでいる洗浦地区畜産基地の建設

朝鮮の中東部のカンウォン道*1セポ*2地区に大規模な畜産基地が建設されています。チュチェ101(2012)年12月初めに始まったこの建設は国中の関心の中、力強く推し進められています。

共和国で数万ヘクタールの牧草地を造り、大規模な畜産基地を建設するのは今回が初めてです。建設に参加した人たちは経験もなく、足りないものが一つや二つではありませんが、自力更生、刻苦奮闘の精神を高く発揮して革新を起こしています。

標高平均600メートル以上のセポ地区は四季を通して不利な天候が続いています。このような状況の下でも建設者たちは短期間に数万ヘクタールの牧草地を造りました。

そして、昨年、新しく作られた数千ヘクタールの人工の牧草地で計画を上回る牧草を生産しました。道路工事と住宅建設、畜舎と公共施設の建設などでも多大な成果が収められました。

年頭から建設者たちは有機質肥料を量産して牧草地に施しました。また、牧草の生産量を前年より倍以上増やす計画も立てました。

敬愛する金正恩元帥の歴史的な著作「セポ地区畜産基地の建設を推し進め、畜産業の発展に新たな転換をもたらそう」は建設者たちを更なる偉勲へと励ます綱領的な指針となっています。

今、建設者たちは熱い愛国心を胸に地力を高めるのに励んでいます。また、防風林造りを長期ビジョンで、計画的に進める一方、良種の牧草を適地適作の原則で植え、その肥培管理の方法を完成しています。

さらに畜産学研究所と畜産物加工場、畜舎など、全ての建設を用途と科学技術の面で適合するよう、また、便利で自然風致にマッチし、遠い将来も非の打ち所がないようにしています。そればかりか、畜産基地の建設が終わればすぐ効果が現れるよう基地の運営と生産活性化に必要な準備も着実に行っています。

朝鮮の解放70周年朝鮮労働党創立70周年に際して朝鮮労働党中央委員会、朝鮮労働党中央軍事委員会は共同スローガンを発表しましたが、そこには「セポ地区の大規模畜産基地の建設を一層力強く推し進めよう!」というスローガンもあります。

このスローガンの実行に奮い立った建設者たちによってセポ地区は遠からず、人民の裕福な生活を保障する豊かな大地に変わるでしょう。

2015年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 江原道(강원도)
*2 洗浦(세포)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-11 (火) 20:07:10