国家科学院に秘められた不滅の指導の歴史

国家科学院はピョンヤン市*1ウンジョン区域*2に位置しています。国家科学院が創立60周年を迎えるということで、国家科学院の革命事績館を訪ねてみました。

事績館は8つの部屋からなっており、国家科学院の創立についてのものと資料は2号室に展示されていました。その2号室で偉大な金日成主席が国家科学院を創立したことを見せるいろいろな写真と当時の新聞などを見ました。

1952年4月27日に行われた科学者大会で演説する金日成主席の写真の前で事績館の功労称号を受けた解説係りのハン・ファスクさんはこう話しました。

「戦争の時、研究活動は自然発生的に、そして分散的に行なわれていました。この実態を見抜いた金日成主席は1952年4月27日、全国科学者大会を開きました。主席は国中の優れた科学者を集めて科学研究活動を集団的に行なうために、科学院を組織するでしょうといいました。大会の参加者は万雷の拍手で主席の科学院創立の構想を支持しました」

大会の後、主席は閣議と党中央委員会政治委員会を開き、科学院の創立のための準備を着実にするよう細かく指導しました。

科学院の開院式について報じた当時の新聞を見ているとハンさんがまたこう説明しました。

「1952年12月1日、朝鮮民主主義人民共和国科学院の開院式が盛大にとり行なわれました。開院式では主席から寄せられた祝賀文が伝えられ、初代院長のホン・ミョンヒ先生の報告がありました。その後、金日成主席に送る手紙が採択されました。開院式が行われてから数日後の12月15日、党中央委員会第5回総会が行なわれました。総会で主席は戦争の炎の中で科学院が創立されたのはわれわれの大きな誇りですと言いました」

次いで、ほかの部屋へ案内されました。そこには国家科学院の科学者たちが21世紀のハイテク工業の創設のさきがけになるよう暖かく導いた偉大な金正日総書記についての資料が展示されていました。科学重視の思想を示して金属工学と機械工学、電子工学、生物工学など国の科学技術の発展に尽くした総書記の献身の労苦がそのまま秘めれていました。

「昨年1月19日、金正日総書記は科学院の生物工学分院を現地指導しました。その時、総書記は今日、生物工学分院を見てとても満足です、科学者たちが多くのことをしました、といいました。現地指導の後も総書記は国の生物工学発展についていろいろと教え、ハイテク設備も送ってくださいました」

主席と総書記の許で国家科学院の多くの科学者、技術者が「金日成賞」と労働英雄の称号を受賞し、アカデミー会員、教授、博士、人民科学者になって人生を輝かしています。そして今、国家科学院の科学者、技術者皆は総書記への偲ぶ思いを胸に科学研究に励んでいます。

国家科学院の革命事績館を見て、国の科学発展に尽くして成した金日成主席と金正日総書記の不滅の指導の業績をさらに胸熱く感じることが出来ました。

2012年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平壌市(평양시)
*2 恩情区域(은정구역)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-21 (火) 20:43:06