労働の中に歌もあり、喜びもあります

朝鮮東海岸の港湾都市ウォンサン*1。取材先のウォンサン革靴工場は共和国の製靴工場のモデルとして作られた工場です。

先日、この工場を訪れました。2階建ての生産用建物が取り囲むように建てられ、その中に休憩所とスポーツ施設が設けられた工場の構内は見るからにさっぱりとした感じでした。

工場の支配人、責任者のチャン・スンホさんのお話です。

「社会主義労働法は勤労者に安全で文化、衛生面が充実した労働条件を保障するのを工場、企業の優先的な課題として規定しています。うちの工場も経営活動のIT化、生産工程の現代化が高いレベルで実現し、労働者のためのサービス施設も申し分なく整っています。労働者のみながとても喜んでおり、精一杯働くのは当たり前のこと、ということです」

先ず、案内されたのは射出作業班の生産現場です。ユニークな造りの床や天井はとても綺麗です。また、労働者の作業服の色が床や天井の色とマッチしていて、気持ちがさわやかになります。機械を操る労働者の巧みな仕事振りにはおのずと頭が下がります。

裁断作業班を経て甲皮職場へ行ってみましょう。リズミカルな音楽にあわせて手際よくミシンを踏んでいる女性労働者の姿から目を離すことができません。チャン支配人は従業員の殆どが女性だが、生産ではどこにも引けを取らない職場だと自慢げに話して、模範労働者を紹介してくれました。

カン・フナムと申します。綺麗な職場で働いていますので、本当に気持ちがいいです。出勤する時も楽しい気分になって誰よりも先に出ますし、品質も上がるので本当に良いです。今日の計画も一番先に終えるつもりです」
リ・グムスです。どうすれば質のよい革靴をもっと沢山作れるか、そのことばかり考えていますね」

自分の職場への誇りに満ちたお話です。

ちょうどお昼の時間に製靴職場の人たちの作業班対抗のバレーボールの試合がある、とチャン支配人に誘われていっしょに行ってみました。トスワークとスパイクの見事な組み合わせ、相手側の空いたコートに素早く球を打ち込む巧みな技、本当に見ものでした。チョン・ソンホ職長のお話によりますと第1作業班と第3作業班が決勝を競う、とのことです。

チョンさんはこう話します。

「このような試合の過程に作業班の人たちの息が合って、それがそのまま生産実績の向上へとつながります。スポーツを通じて職場の人みなの心が一つになったので生産計画も一番早く達成する、と言うことです」

理髪店、美容院、浴場、食堂、寝室など労働者のためのサービス施設も見ました。どこへ行って見ても生活に必要な全てが揃っていました。工場のどこでも労働者の幸せに満ちた声が聞こえてきました。

退勤する労働者と共に科学技術知識普及室にも寄ってみました。バレーボールの試合で手荒いスパイクを加えていた製靴職場のキム・グァンチョルさんにお話を伺いました。

「私は今回、ハン・ドクス・ピョンヤン軽工業総合大学に入学して働きながら学ぶ教育システムに加わりました。このように一日の仕事が終わればネット上で遠隔教育を受けているわけです。私は熱心に学んで現代的な科学技術を身につけ、技術と技能のレベルも高めて革靴の生産に尽くすつもりです」

素晴らしい労働条件と生活環境が整えられた工場で精一杯働く労働者の明るい姿はそのままこの国の姿でした。

2015年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 元山(원산)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-15 (土) 22:04:08