労働者を信頼して

偉大な金日成主席は労働者を国の長男と呼んで、勤労の成果を収めるよう正しく導きました。

チュチェ48(1959)年9月のある日、金日成主席が当時のファンヘ製鉄所を訪れたときのことです。労働者の意見を詳しく聞いてみようといって、製鋼職場の部門党委員会拡大会議に参加した主席は、今、国中が奮起して社会主義基礎建設のための大進軍をしているとし、各地で求められるのが鋼鉄だと言いました。

会議の休みの時間の時でした。庭に出た主席は集まってきた労働者たちに一枚の生産グラフを見せました。ファンヘ製鉄所の銑鉄と鋼鉄の生産グラフでした。グラフを見ていると製鉄所の生産実態は劣っていました。最初は好奇心を抱いていた労働者たちは次第に自責の念に駆られました。

主席は一人の労働者の肩に手を乗せて、製鉄所にたくましい労働党員がいるのに、鋼鉄を増産できない理由などないだろう、労働党員がいるので何も恐ろしいものなどないだろう、党は皆さんを信じていると言いました。

主席の話に深い感動を覚えた労働者たちは鋼鉄のことは心配しないでください、毎日700トンでなく800トンを生産してみせます、と力を込めて答えました。その後、ファンヘ製鉄所の労働者たちは鋼鉄の生産に飛躍をもたらしました。

その時から20年近く経ったチュチェ67(1978)年4月18日、偉大な金日成主席により、朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議第6期第2回会議で社会主義労働法が採択されました。社会主義労働法の採択は労働者を始め勤労者の生産意欲を燃え立たせました。

今、朝鮮では労働が一番神聖な栄誉のものとなっています。

労働者を始め勤労者の皆は国の繁栄と人民の福祉、自分の幸せのための自主的で創造的な労働に積極的に参加しています。

IKE170314011_888.jpg
2017年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-18 (火) 00:26:23