人々に明るい光を

ピョンヤンには、人々の目の治療を専門とするリュギョン眼科総合病院があります。朝鮮労働党の人民重視、人民愛によって建てられたすばらしい医療施設で治療に携わる誇りも高く、ここの医師、看護士たちは治療に全身全霊を打ち込んでいます。

網膜科の医長キム・マンソクさんもその中の一人です。キムさんは、眼科分野の深い知識と豊富な経験により、直り難い網膜疾患に対する数件の先端手術法を臨床に取り入れて、人々の視力改善に寄与しました。網膜剥離は、眼科疾患のうちで治らないこととなっています。網膜がはがれて来る症状は眼科臨床で比較的多いものでした。

キムさんが医科大を卒業して眼科を専攻した当初、網膜剥離に対する手術法を新たに確立するのは切なる要求となっていました。この問題の解決を研究テーマにしたキムさんは、大胆な目標を立て、新たな治療法を確立するため努力を惜しみませんでした。進んだ手術法を具体的に分析し、これまでの手術で起きる再発と合併症の原因を探し出すため思索と探求を続けました。

その過程に再発と合併症をなくす科学技術上の諸問題を解決し、眼科手術の総合体とも言える手術法を完成するのに至りました。新たな手術法は治癒率が高く、再発と合併症がないというのが臨床で証明されました。

この手術法を取り入れて、網膜剥離だけでなくガラス体出血、糖尿病性網膜症など各種眼科疾患で苦しんでいた患者が視力を取り戻しました。キムさんは今も国の人民的保健医療施策が人々に行き届くよう、患者の治療と医学科学の研究に知恵と情熱を捧げています

キムさんは語ります。

「私たちは敬愛する最高指導者金正恩元帥の人民愛により立派に築かれたリュギョン眼科総合病院で医療に携わる誇りを胸に、人民の健康増進に尽くしたいと思っています」

IKE170905038_001.jpg
IKE170905038_002.jpg
IKE170905038_003.jpg
2017年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-28 (土) 00:53:07