モデル工場に押し出して

ピョンヤンには自強力第一主義の旗の下に国の繁栄のための道で偉勲を立てているピョンヤン自動化機器工場があります。この工場は共和国の経済発展と人民生活の向上に役立つ家電製品の母体工場です。

チュチェ44(1955)年10月5日、党中央委員会政治委員会で機械工業の発展のための問題を協議していた金日成主席は当時のピョンヤン電機工場の実態を把握し、国家の大きな投資なしに自分の力で工場を建てて電動機を造ったのは非常によいことだと評価しました。そしてその日の午後、工場を訪れました。

ずらりと並んでいる数十台の電動機を見て立派なことをしたと評価した主席は、より多くの電動機を造って復興建設の現場に送るよう教えました。そして主席は家電製品の発展と人民生活の向上に従って、家電に対する需要が高まっているとし、工場で自力更生の革命精神を発揮して冷蔵庫、洗濯機、電気アイロンなどを多く造って供給するよう教えました。

ピョンヤン自動化機器工場の課長チ・ヨンゴンさんはこう言いました。

「金日成主席は工場で造った色々な製品を見て、自力更生のモデル工場に発展したと高く評価しました。そしてその経験を国中が見習うようにしました。その後、工場は近代的な設備を揃えた大規模な自動化機器工場に発展し、高圧配電盤と低圧配電盤などの電気機器を専門に生産しました。小さな電気修理工場に過ぎなかった工場が今は主席の指導の下に家電製品の母体工場に発展しました」

このように主席が植えつけた自力更生の革命精神があったので、工場は戦後の復興建設の時から今まで党の経済強国造りに寄与することができました。

(偉人伝)

IKE190114010_001.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-22 (金) 21:02:22