より多くの運送手段を

朝鮮労働党第8回大会では新型の地下鉄用の電動車とトロリーバス、路面電車、乗合自動車など運送手段をより多く生産して人民の便宜を計ることが強調されています。

共和国では交通問題を円満に解決するのを、人民により豊かな生活条件をつくるための肝心要のこととみなし、大きな力を入れてきました。それで、ピョンヤンでは1960年代初めにトロリーバスが走り、1970年代初めには地下鉄が開通されました。また、1990年代初めには路面電車が走るようになりました。

地下鉄と電車はピョンヤン市民の主な足となっています。目下、共和国では交通問題を円満に解決するため運送手段をより多く、それもより立派なものを生産するため努めています。何よりも工場、企業の増改築を積極的に推し進めています。

敬愛する金正恩総書記は増改築現場を訪れてその進み具合を調べ、次の段階の目標も定めてやりました。そして、試作品の地下鉄用の電動車とトロリーバス、路面電車、乗合自動車を見て、地下鉄用の電動車とトロリーバス、路面電車の試運転も指導しました。

今、この部門の人たちは、運送手段の生産で人民が何を求めているかを絶対的な基準とし、艤装品の一つも人民が利用するのに不便がないようにと励んでいます。また、試作品のイノベーションを繰り返しています。一方、トロリーバスと乗合自動車を多く生産して各道の所在地にも送っています。

運送手段をより多く生産して、人民のために努力を惜しまない労働党の恩情が人民生活にもっと深く行き渡るようにしようというのが朝鮮労働党の意図です。

(政策)

ike210515016_001.jpg
ike210515016_002.jpg
ike210515016_003.jpg
ike210515016_004.jpg
2021.06.07の記事

金正恩元帥がピョンヤン・トロリーバス工場を現地指導
敬愛する最高指導者金正恩元帥の臨席の下に新型のトロリーバスの試運転が行われました
敬愛する最高指導者金正恩委員長が新型のトロリーバスと路面電車を見ました
敬愛する金正恩総書記が新しく生産した旅客バスの試作品を見ました


朝鮮の科学者が経済的な意義の大きい科学技術の成果を導入
新型のトロリーバスと路面電車が増えています
ウォンサン・カルマ海岸観光地区で路面電車が運行を始めます


0時に試運転をトロリーバスの試運転にも参加するわが家にいるようだ細やかなところにまで試運転の時深夜の試運転絶対的基準(平壌トロリーバス工場)初の乗客地下鉄用の電動車が造られたのは


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-08 (火) 18:57:08