労働者への信頼

朝鮮の労働者が新年も自力更生の旗を掲げ、生産に励んでいます。その中には、キムジョンテ電気機関車連合企業所*1の労働者もいます。この企業所は操業以来この70数年間、国の鉄道運輸を発展させ、経済建設を早めるのに大いに寄与しました。

チュチェ104(2015)年7月のある日、敬愛する最高指導者金正恩委員長がキムジョンテ電気機関車連合企業所を訪れました。企業所の人たちは、金正恩委員長を企業所に迎えた喜びに包まれていましたが、その一方では偉大な金日成主席と偉大な金正日総書記の不滅の指導の業績が秘められている企業所らしく、生産で著しい成果を収めなかったことへの自責の念にも駆られていました。

金正恩委員長はその気持ちを推し量って、主席と総書記が労働者を国の長男と呼んで深い信頼を寄せたことを感慨深く思い起こしました。建国当初、ここの労働者を訪ねた主席は、国の状況を詳しく知らせ、抗日遊撃隊員のように自力更生の革命精神で生き、働くことについて教えました。そして、国の主人となった労働者は当然、大衆の先頭に立って栄える民主主義自主独立国を建てるために尽力すべきだ、と切々と言いました。

主席の呼びかけは、工場の労働者の尽きない力の源となり、自力更生の火種となりました。工場の労働者は、新しい国づくりに続き、祖国解放戦争の厳しい時も鉄道輸送を保障してしっかりと任務に就き、戦後の廃墟から工場を立派に建て直し、電気機関車を自力で作り出すという奇跡を生みました。金正恩委員長はこのことを思い起こし、これまで企業所の労働者があらゆる困難を乗り切り、自力更生の革命精神を高く発揮して電気機関車と客車などを自力で生産したことを高く評価しました。

金正恩委員長の労働者への信頼は深くも深いものでした。金正恩委員長は、労働党に忠実な鉄道部門の労働者を国中の労働者の長男に押し立てよう、と熱く言いました。そして、この企業所で朝鮮労働党創立70周年を迎え、朝鮮式の地下鉄用の電動車を作る課題を与えました。国と人民への衷情と不屈の精神力を固く信じて完成予想案も指導し、その開発と生産でのすべての問題に深い関心を向けました。企業所の労働者は、その信頼に応え、先端技術を要する電動車を朝鮮式に作りました。

チュチェ104(2015)年10月、金正恩委員長はキムジョンテ電気機関車連合企業所をまたもや訪れました。金正恩委員長は、朝鮮式の新たな地下鉄用の電動車を作り出した企業所の労働者のようなチュチェの革命の中核がいて、10月10日の朝鮮労働党創立記念日、労働党の誕生日が一層輝くものだ、と言ってとても喜びました。金正恩委員長は、車体の壁面に触ってみ、電動車に乗って椅子にも座ってみては欠点を1つ1つ指摘しました。その後、金正恩委員長は現地に赴き、電動車の試運転を指導しました。

このように、金正恩委員長の深い信頼の中、地下鉄用の電動車は自分の力と技術、資材で見事に作られました。

(今日の朝鮮)

IKE181220004_001.jpg
2019年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 キム・ジョンテ電気機関車連合企業所、金鍾泰電気機関車連合企業所(김종태전기기관차련합기업소)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-16 (水) 14:51:42