鋼鉄の増産のために

朝鮮のいたるところに製鉄所があります。ポサン製鉄所*1もその中の1つで、チョンリマ製鋼連合企業所*2により多くの製鋼の原料を送って、人民経済各部門で切に求められる鉄鋼材の増産に寄与しています。

ポサン製鉄所にも偉大な金日成主席と偉大な金正日総書記の指導が及んでいます。金日成主席は鋼鉄の増産のためにチュチェ57(1968)年4月13日、現地に赴き、製鉄所の場所を見定め、建設の具体的な方向付けをしました。

そして1ヶ月あまりすぎた5月のある日、またもや建設現場を訪れて、炭鉱、鉱山で原料をそのつど供給すること、製鉄所の構内に鉄道の引込み線を敷設すること、川を控えているので埠頭をつくることに至るまで深い関心を向けました。

その次の年には回転炉の試運転を見ました。その後も製鉄所を訪れた金日成主席は国内の原料と燃料で生産する鉄、チュチェ鉄の生産工程をさらに完備し、設備の効率を高める方法を教えました。

チュチェ58(1969)年6月、製鉄所を訪れた金正日総書記は、金日成主席が製鉄所の位置をあつらえ向きの場所に定めたとし、鋼鉄の増産のためには進んだ生産方法を積極的に取り入れるべきだと言いました。そして、原料の配合と回転炉の管理をいつもスタンダードで行ない、従業員のスキルアップにも根気よく取り組むべきだと言いました。

このようにポサン製鉄所は金日成主席と金正日総書記の正しい導きによって、チュチェ鉄を生産するところとして見事につくられました。製鉄所の労働者、技術者のクリエーティブな努力によって、鉄生産の工程はさらに完備しました。

設備の補修システムが確立し、従業員の技術熟練度が高まるにつれ、設備の寿命もはるかに延びています。そして管理職が生産の手配を綿密にし、燃料と原料の供給対策を徹底させて、チュチェ鉄の生産に寄与しています。

チョンリマ製鋼連合企業所管轄のポサン製鉄所の支配人マ・チョルウンさんのお話です。

「私たちは金日成主席と金正日総書記が国のチュチェ鉄の生産のために労苦の限りを尽くしたことをよく知っています。これまでもそうでしたが、今後とも国の鉄鋼材の生産で重要なウェートを占めている工場の使命を全うするつもりです」

鋼鉄の増産は科学技術にかかっているということを自覚している製鉄所の労働者、技術者は少ない燃料で炉の安全な運営を可能にする方法、原料配合の工程で実収率を高められる色々な技術革新案と作業方法を出しています。

その過程に製鉄所の鋼鉄生産技術はさらにアップし、朝鮮式の鉄生産システムは完成へと向かっています。

(偉人伝)

IKE180912011_111.jpg
IKE180912011_222.jpg
2018年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 保山製鉄所
*2 千里馬製鋼連合企業所

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-06 (土) 16:58:33